• PPBM
  • イケメンはどんな時もイケメンか検証!『ボイメン』の勇翔、クラッカーに驚いて顔を崩す?!顔面偏差値30台へ!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』の勇翔さんが、中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』にアップロードされた「PPBM」の‘BMM’(ボイメンムービー)にて、クラッカーの衝撃に耐える姿を公開しました。

    勇翔の顔面偏差値 その9 ~クラッカーが発射してもイケメン~
    PPBM

    ボイメンの勇翔くんの顔はどんな時もイケメン。どんな状況でもイケメンを崩すことはないのか、検証するこの企画。イケメン偏差値100からどのくらいイケメンをキープできるのでしょうか?
    今回の「PPBM」ボイメンムービー【勇翔の顔面偏差値 その9 ~クラッカーが発射してもイケメン~】では目の前でクラッカーを発射させ、音と飛び出す中身に驚かずにイケメンフェイスをキープするという課題に挑戦。果たして勇翔くんはビビらずに表情を崩さないでいることができるのでしょうか?

    それでは早速挑戦です。白衣姿のスタッフが木槌でクラッカーを思いきり割ります。もちろん勇翔くんの顔の近く!すると…。

    木槌を振り下ろした瞬間、目をつぶりました!ほんのちょっと顔全体の筋肉がこわばっているのもわかります。また、顔以上に体が動き、上半身はのけぞっていました。一連の動きをスロー映像で検証してみましょう。

    やはり目を閉じています。顔面偏差値はこの時点で60。まだまだきれいな顔です。しかしこの直後!閉じた目をこじ開けようとして微妙な表情に。この時顔面偏差値は30台になってしまいます。

    偏差値30台突入の後、顔面は素早く回復しました。この顔面偏差値100まで戻るスピードはさすが勇翔くん。挑戦前よりも目に力を入れています。
    やはり顔面間近でクラッカー思いきりを割るのは、イケメンフェイスにとっても少々手強いようで・・・。人間、びっくりするようなことが起きると、思いもよらない表情になるものです。

    ボイメンムービー「勇翔の顔面偏差値」はナゴヤ発 TV配信サービス「Locipo(ロキポ)」で配信中

    https://locipo.jp/

    ナゴヤ発!TV配信サービス