• PPBM
  • 「ソースが実にいい」ボイメン 小林、祭nine. 清水とのハンバーグ料理対決でプロを唸らせる絶品煮込みハンバーグ作りを披露

    12月29日放送の中京テレビ『PPBM』にて、エンターテインメント集団『BOYS AND MEN』の小林豊さんがハンバーグ作りを披露しました。

    【BOYS AND MEN小林‐VS‐祭nine.清水~料理対決~】『小林豊のハンバーグ完全レシピ版』
    PPBM

    今回【BOYS AND MEN 小林‐VS‐祭nine. 清水~料理対決~】でハンバーグを作ることになった小林くん。中京テレビアナウンサーの稲村沙綾アナウンサーと名古屋の人気イタリアン『イタリアンバールアランチャ』のオーナーシェフ・伊藤秀樹さんが見守る中「がんばります!」と気合を入れ、ハンバーグの食材選びからスタートしました。小林くんがチョイスしたのは牛挽き肉とタマネギ、豆腐です。

    「僕的にはふわふわのハンバーグが好き。ぎゅっとしているよりは、ふわふわのハンバーグを作ろうと思います」(小林くん)

    豆腐で作る「ふわふわハンバーグ」、さてどんなハンバーグになるのでしょうか?

    早速タマネギを刻み始めた小林くん。「包丁の使い方も上手です」と伊藤シェフ。
    さすが、元パティシエ!
    そして挽き肉にはしっかりと味付け。稲村アナが「結構(調味料を)入れるんですね」と心配していましたが、伊藤シェフは「強めにしてもいいと思います」と問題視せず。塩・胡椒の他、小林くんはさらに旨味を出すためにコンソメも加えます。ここまでは大きなダメ出しもでず、順調です。

    しっかり水切りした豆腐と炒めたタマネギ、挽き肉を混ぜ合わせて無事にハンバーグの「タネ」が完成。ここで伊藤シェフ驚きの「大き目にカットした生のタマネギ」投入。
    この予想外の行動に、「炒めていないタマネギで苦みが出なければいいですが」と少々気がかりな様子・・・。


    油の中に鷹の爪を入れたフライパンでタネを焼きつつ、小林くんは手際よくソース作りへ移ります。
    コンソメ、生クリーム、牛乳をボールに混ぜ合わせると、この時点で伊藤シェフは「もしかすると煮込みハンバーグを狙っているのかな」と予想。するとやはり小林くんはソースをフライパンに流し込みました。伊藤シェフの予想、的中です。ちなみに小林くんが作ったソースの材料は生クリーム、牛乳、コンソメ、塩・胡椒、ニンニク、そして牛乳の臭みを消すための醤油です。

    ハンバーグを押して火の通りを確認する小林くんに伊藤シェフもプロの技と感心。ハンバーグを皿に盛り、煮込んだ後のソースにとろみをつけて、デミグラスソースをかけてインゲンを添え・・・『ゆーちゃむ流クリームハンバーグ』の完成です!果たしてお味は?


    「ソースが実にいいです」
    開口一番、伊藤シェフはソースを絶賛!また、「タマネギの大きいやつ(生タマネギ)の食感を気にしていたんですけど、煮込みにしたので、クリームとの相性がすごくいいと思います」と語り、全体的には好印象を持ったようです。

    見た目も華やか、そして味も高評価を得た『ゆーちゃむ流クリームハンバーグ』。
    果たして祭nine.清水くんとの対決の結果はいかに・・・?

    気になる判定結果はナゴヤ発 TV配信サービス「Locipo(ロキポ)」で配信中です!

    https://locipo.jp/

    ナゴヤ発!TV配信サービス