• クイズとき子さん
  • 「平田くん」 クイズとき子さん第11問

    1126:1
    第11問 平田くん
    タナカカツキ:クイズとき子さん
    8分の動画・2016/12/7に公開

    学生の頃
    授業のノートを
    誰よりもめっちゃキレイに

    美しく書くことに
    人生を捧げていた私は
    それが、不完全恐怖の
    強迫性障害からくるものとは知らず

    友人に感心され
    先生に褒められて
    おおいに悦に入り

    青山のノートすごーこれ

    むっちゃキレイ…
    うわ~これもう、売ってるレベルやん

    私はそれを誇りとし
    生きがいさえ感じとったんです

    授業中は黒板の文字を
    メモ用紙に写して

    そのメモを頼りに
    家に帰ってから
    じっくり時間をかけて
    ノートに清書していたんです

    からかう男子も中にはおって
    私は陰で青山出版と呼ばれてて
    それはノートが本屋で売ってるレベル

    参考書レベルに色分けされて
    キレイやったから

    そのからかう男子の中に
    平田くんがいました

    平田くんとは小学校の頃も
    同じクラスになったことがあって
    あの夏休みの自由研究の課題で

    私が立体迷路で
    最優秀の金賞をとったとき

    平田くんは昆虫標本で
    次点の銀賞をとってたんです

    同じ学校の同じクラスから
    2人も入賞者をだして
    担任の先生は誇らしげでした

    先生関係あらへんのにね…

     

    私は
    その標本
    平田くんの作品を見た時
    ほんまにびっくりしました

    それは眩しいくらいにキレイで
    美しく
    蝶にではなくて
    その並び方

    タテに、ヨコに
    ナナメに
    寸分の狂いも感じさせない
    完璧な配列で
    均整の取れた美しい標本でした

    でも…
    先生にはダメ出しされてました

    これ全部同じ種類やろ?
    これバリエーションがあれば
    なお、ええな~

    同じシジミチョウの仲間でも
    いっぱいおるやん?
    そこらあたりでも
    よ~さん種類捕まえられるやろ?

    なんかこー
    別にシジミチョウだけじゃなくて
    いろんな種類あるやん

    だから、なんやろ…
    同じ種類って、これ、手抜いたか…
    思われてもしゃーないわな
    思われるかもしれんやん

    昆虫標本は、やっぱこう
    その醍醐味
    バリエーション豊かでないと

    この豊かさこそ
    この生き物、生命の表現

    そんな色とりどりの
    生命感が溢れとったら
    この中から
    バーン!いうて
    この標本はもっとよかったよな

    青山には負けへん
    一番とれてたかもしれんな~
    惜しかったな~

     

    私はこの標本
    シジミチョウ、全て同じ種類やから
    この美しさを感じます

    よく見れば個体差もあって
    それを上手にグラデーションに配列して

    すごく手の込んだ作業
    手抜きなんか全く無い
    私は好きやけどなこれ、この標本

    でも
    わたしのそういう感想
    間違ごおてるかもしれんし

    先生の言うことのほうが
    きっと正しいのかもしれん…

     

    わたしも平田くんも
    幼すぎました

    わたしはこれ
    全部おなじ種類やから好き!って
    直接、言えばよかった…
    でも言えず…
    でも、もっと言えなかったのは

    わたしが平田くんのことを
    ずっと前から
    気にしてること…

    好きやったんかも…
    彼のことを気に入ってるから
    この標本が美しくみえたのか
    それとも、ほんまに美しかったのか

    もうわからへん…
    言い出せず
    伝えられず
    小学校を卒業

     

    地元の中学に進んで
    中2でまた同じクラス

    で、今
    わたしをからかってる

    おい青山

    ノートきれいに書いたからって
    勉強できるってこととはちがうからな

    そんなんわかってるよ
    わたしの趣味やもん
    ほっといてよ

    わたしもつい強く出てしまう
    なんかムキになってしまう

    その趣味
    正直おれは好きちゃうな

    なんでそんな絡んでくるんやろ
    このノート
    平田くんもわかるはずやん

    あの標本作った平田くんとは
    もう
    変わってしまったんやろうか…

    いえ
    彼は変わってなかったと思います

    あの頃の
    小学生の頃の平田くんは
    中2になった
    彼の中にもおる

    それは
    靴ひもの均整のとれた美しい結び目

    いつも定位置にある
    ノートや筆記用具

    日直のとき
    白いチョークの粉がなくなるまで
    しっかりキレイに黒板を消していた
    あの姿を

    わたしは見ていました

    あの頃と変わってへん
    わたしのこのノート
    平田くんも好きやろ?
    わたしの気持ち
    めっちゃわかるんちゃうん平田くん

    めっちゃわかるんちゃうん

    おまえ、へんなやつやなー

    あんたもな

    え?

    ううん、なんでもない

    平田くんという人物
    あとでも出てきますんで
    覚えといてください

    つづく…

    ナゴヤ発!TV配信サービス