• クイズとき子さん
  • 「歪みの極限」 クイズとき子さん第46問

    失敬は許して欲しい
    でもぼくもね
    君を頼りにしてるところもある

    え?

    青山、苦しんでると思えへん?
    僕と君の板挟みになって
    家族のこともあって

    ギリッギリのところで
    仕事をこなして
    支障出てるんちゃうかな

    健康を害してるんちゃうかな
    心配してるんです…

    僕も君も
    青山を苦しめるのが目的やないはずです
    そうでしょ?

    それは全部
    お前のせいやなーいう顔してますよね…

    いや、確かに
    とき子ちゃんを苦しめるのは本意やない

    彼女の気持ちを汲み取ってやれるんか?
    できるんか?ってあんたに言われて
    ハッとしてる部分もある

    女の奪い合いなんて
    そんな、みっともないことしてるようにも思える

    どっちが身を引けばいいなんちゅう
    簡単な問題じゃあないこともわかっとる

    なんや調子のええこと言うようやけど
    ここはお互い
    心を鎮めて
    手を取り合って考えてみませんか?

    意味のない苦しみはない
    彼女に与えられた苦しみ
    そしてぼくらの間で起こっているこの諍いは

    何かの変化の前触れなんです
    海の生物が陸に上がった時の
    進化の息苦しさやと思うんです

    そういうことやとすると
    その先には新しい景色が広がっている…

    新しい景色…?


    はい、青山です
    只今、留守にしております
    メッセージをどうぞ
    びー

    青山くん、大丈夫かいな

    無断欠勤はあかんがな~
    原稿落とすーゆうて
    編集部バタバタやん

    まあ…
    気力が戻ったら連絡してちょうだい

    青山くんの代理はもう
    みつけたから
    おだいじに~

     

    クイズの作出どころでは
    ありませんでした

    気持ちが散らばり
    体が動かず
    世界がバラバラで

    息をしてるのがやっとでした
    こんなことは
    ここまでなったんは初めてです

    額縁の歪みを直す気力も失っていました

    父のことを思い出していました
    やせ衰えた父

    あんときの父は
    今の私のような状態になっていたんではないか

    そして、動けなくなって
    そのまま…

    死んでいるのではないか

    誰にも発見されず
    腐敗して…
    モノだけが綺麗に揃ったまま…

    そして数日後には…
    私もそうなるかもしれん…

    ずっと留守電やな

    出ないね…

    とき子ちゃん…

    青山…


    つづく…

    ナゴヤ発!TV配信サービス