• クイズとき子さん
  • 「風光る田園」 クイズとき子さん第57問

    たしか、ここらへん…
    あ!
    あの建物や

    間違いない…

    あんた
    宇宙〇〇の会の人?

    信者の方?

    ん?え?
    いや、わたし?
    いや、わたしはもう~

    ほんと、あのー、ここ通りすがりの…

    通りすがりのわけがないやんん

    こんなところで

    たすけて~
    うちの娘が宇宙〇〇の会に
    入会してしもて帰ってこんのよ

    うちの娘返してー!

    いや、だから
    私は別に信者ではないし…
    全然、あの、いや…ちょっと

    え!え?…

    またあんたらか!

    ここは管理区域で
    会員のもの以外
    立ち入りは禁止されてるんですー!

    え?!

    は?あ?

    え? えーー!?

    や、ややややややや…

    え、とき子ちゃん!

    や、やや、矢崎さんがなんで?

    えーー?
    なんでえーー?

    正式に入ったんや

    …いやもう信じられへんやん
    正式に入会?

    潜入とかやなくて
    正式に入会や
    潜入やない

    どこから…
    どこから話してええもんか思てるやろ

    そうやな
    第何話目から話そうかな
    46話目以降?

    なに言うてんの

    ここはもう…
    とき子ちゃんのお母さんは
    もうおらへんで

    知ってるよ

    お母ちゃんは実家に…

    あ!
    うぅ…
    あー

    平田くん…

    ひさびさに見る平田くんの姿でした

    青山

    来てくれたんやね

    やっと…

    お母さんと一緒か?

    ううん、ひとり…

    ひとりで

    うん…突然ごめんね
    私、あれからいろいろ考えて
    思い違いや、誤解や、先入観や

    早とちりや、気にしすぎや、思い込み…

    いろんな色眼鏡で
    現実がみえんまま
    閉じこもってしまって

    その…
    なんていうか…

    急がんでいいよ
    ここはな
    時間がゆっくり流れてる

    よお来てくれた
    そや
    青山、みてみ

    あの向こうの方まで
    田園を拡げてる
    収穫はおわったんやけどな

    来年はもっと穫れるようになるやろうな…

    来年5月になれば田植えや
    稲は等間隔に
    規則正しく

    均等に植える

    気持ちええでキレーに揃えて植えるんや
    縦から見ても横から見ても
    斜めから見てもな

    均等で
    不揃いの箇所がでえへんようにするんや

    なんでかわかるか?
    クイズ!

    クイズ…

    んー
    均等に植えて
    無駄のないスペースで

    多くの収穫を得るため
    で、収穫もやりやすい
    除草もしやすい

    日光や風も
    均等に当たるから
    作物にばらつきがでえへん

    さすがやな

    それとな
    均等で美しい田園から生まれた作物は
    美味しいし

    体にもええんやで

    ほんま?

    うん…たぶん

    たぶん?

    青山
    この施設を案内するよ

    いや!
    待った!

    待った待った待った待った待ったーー

    オレが案内する!

    代表は
    昼の講話会の準備で忙しいからな
    オレが案内するよ

    いいでしょ!

    うん、あ…そう…
    じゃ…
    お願いする

    青山、またあとで

    まさか、矢崎さんに
    宇宙〇〇の会
    案内されるとは
    思わんかった

    宇宙〇〇の会はな
    教祖もおらへんし
    崇める偶像もない

    自分を活かし
    働きながら
    幸福の哲学を学ぶ場所や

    おれたちの心配するような場所やない
    今は年配の方がほとんどやけどな
    これからはオレたちみたいな若い人類も

    人類?

    よおさん入会してくると思う
    せまいけど部屋も用意した
    今日はここでゆっくり休み

    ほんま
    ええ場所やな

    決められた幅で

    等間隔に植える
    機械を使えへん頃からそうしてたんやで

    苗を植えてしばらくすると
    穂がつく
    それが風にたなびくんやいっせいにや

    うわ~ってうねりながら

    矢崎さん、なんかちょっと変わった

    やがてや
    白い小さい花をつける
    花は受粉を終えると

    小さい果実をつける
    それがお米やな
    実った稲が日ごとにふくらんで

    あたり一面を金色に染めるんや

    矢崎さん変わった

    そら見応えあるで
    こんな美しいもんを
    ぼくらは食べてるんや

    矢崎さん、めっちゃ変わった

    とき子ちゃん
    オレのことは今
    どう思てる?

    オレの気持ちは変れへんのや
    やり直したいって
    オレは思てるんや

    オレととき子ちゃん
    ふたりがまたより戻すこと
    平田は承知してくれてるんやで

    祝福してくれてるんやて
    祝砲を撃って祝ってくれるんやって!

    ごめんな…
    いきなりやったなこんな話

    幸福は
    外側からやってくるものではありません
    かといって

    内側から沸き起こるのを期待し
    追い求めるものでもないんです

    求めれば
    特定の心の状態を求めてしまえば
    次はその幸福が持続することを

    求めてしまう
    心はええときもあるし悪いときもある
    いちいちそんな状態に付き合っていれば

    混乱するだけです
    すでに私たちは幸福で満たされている
    宇宙から自分を俯瞰するように

    気づき、観察してればいいんです
    静かな
    広がった

    おだやかな…

    うんうんうんうん…

    ほーんまそう!
    ほーんまそうやわ~

    いろんなことが
    ありすぎた日でした

    つづく…

    ナゴヤ発!TV配信サービス