• 中京テレビNEWS
  • 防護服に着替えるカフェ 採れたてハチミツを楽しむ 三重・伊勢市

    防護服に着替えてある体験ができるカフェが、三重県伊勢市で話題になっているといいます。どんな体験ができるのか、取材しました。

    三重県伊勢市に3月21日にオープンしたカフェ「松治郎の舗 伊勢街道店」。果物をふんだんに使ったトーストやドリンクなどが楽しめます。

    一見、普通のカフェですが、変わった体験ができるといいます。店員が持ってきたのは…。

    「こちらの防護服に着替えていただいてもよろしいですか。危険なのでこちらに着替えてもらいたいんです」(店員)

    カフェで危険な体験とは、どんな体験なのでしょうか?

    早速記者が防護服に着替え、案内されたのは店の外。そこには、なんとミツバチが。
    実は、カフェに併設されていたのは、ミツバチを飼育し、ハチミツをとる養蜂場。

    「ミツバチをここで飼っていますので、今から採蜜の体験をしてもらいたい」(松治郎の舗 水谷俊介 社長)

    こちらでは上質なハチミツを使った食事を楽しめるだけでなく、ハチミツをとることを体験できます。

    「そんな怖がらなくて大丈夫。じっと見たらかわいいでしょ」(松治郎の舗 水谷俊介 社長)
    「小さくてかわいい」(記者)

    そんなミツバチがつくった天然のハチミツを巣から直接切り取り、その場で食べることもできます。

    ミツバチ1匹が生涯で集めるハチミツの量はスプーン1杯。そんな貴重なハチミツを遠心力を使って取りだし、瓶いっぱいに入れて土産にもできます。

    100年以上続くこの養蜂家の4代目・水谷俊介社長が、この店を開いたのにはある思いがありました。

    「ミツバチを育てる環境が年々なくなっていて常にミツバチが足りない状態」(松治郎の舗 水谷俊介 社長)

    ミツバチの数は減少傾向にあり、国内のハチミツの生産量もそれに比例して、ここ30年の間で3分の1程度に。こうしたミツバチの現状を少しでも知ってもらいたいといいます。

    「ミツバチがこういう活動をしていてハチミツができることを知ってほしい」(松治郎の舗 水谷俊介 社長)

    12510:115854
    防護服に着替えるカフェ 採れたてハチミツを楽しむ 三重・伊勢市
    中京テレビNEWS
    4分の動画・2019/4/4に公開

    中京テレビNEWS
    https://www2.ctv.co.jp/news/
    愛知・岐阜・三重の最新ニュースをいち早くお届けします。

    ナゴヤ発!TV配信サービス