• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン辻本、日本刀と西洋の刀の違いを関鍛冶伝承館から学ぶ

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年4月23日配信の『【刀編】未公開シーン6 西洋の剣と日本刀の違い』では、ボイメンの辻本達規くんが岐阜県関市の「関鍛冶伝承館」を訪ねた、4月19日地上波放送の未公開映像を公開!

    西洋の剣と日本刀の違いを辻本くんが発見していきます。

    【刀編】未公開シーン6 西洋の剣と日本刀の違い
    ボイメンジャパネスク

    辻本くんが、西洋の刀と日本刀の製造方法について、関鍛冶伝承館のスタッフに質問します。

    「西洋はどうやって刀を作っているんですか?」(辻本くん)
    「日本刀は叩いて作っていますよね。西洋も叩いて作ることもあるんですけど、鋳造(ちゅうぞう)といって鉄を溶かして型に流し込んで作ることが多いみたいです」(関鍛冶伝承館スタッフ)

    鋳造によって、西洋の刀は量産できるそうです。
    さらに、西洋の刀に反りが無く真っ直ぐな理由は、甲冑を着込んでいる相手に対して「突く」「叩く」などの打撃で攻撃するためと関鍛冶伝承館スタッフが説明をします。

    刀を打撃で使う西洋と、斬って使う日本。
    使い方によって製造方法や形が違うことを学んだ辻本くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』
    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(おとめボタン)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス