• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン平松賢人が「名古屋寿司カレッジ」の生徒たちにインタビュー!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年5月6日配信の『【寿司編】未公開シーン3 寿司職人をめざして』では、5月3日地上波放送の未公開映像として、ボイメンの平松賢人くんが「名古屋寿司カレッジ」(愛知県名古屋市熱田区)に通う生徒たちの思いを聞いています。

    13544:1
    【寿司編】未公開シーン3 寿司職人をめざして
    ボイメンジャパネスク
    3分の動画・2019/5/6に公開

    名古屋寿司カレッジの髙村秀樹講師の授業を受けている生徒2人にインタビューする平松くん。

    「どうしてこの学校に入ろうと思ったんですか?」(平松くん)
    「僕は、寿司職人になるのが夢だったんで、まずは基礎を学ぶためにここに通うことにしました」(生徒・苅谷さん)

    寿司屋へ弟子入りせずに、学校で勉強する理由を尋ねると…
    「基礎の技術がないと、教えてもらってもすぐにはできないと思うので、土台作りのために通っています」とのこと。

    「確かに、お店の大将も土台というか基本が一番大事と言っていたので」と平松くんも納得しています。

    名古屋寿司カレッジに通って2日目という苅谷さん。これから様々な勉強をしていくそうです。

    「どうですか?2日目ですけれども」(平松くん)
    「新しいことを教えてもらってるので、とにかく楽しいだけですね」(苅谷さん)
    「子どものころからお寿司屋さんが夢だったんですか?」(平松くん)
    「もともと実家が自営業をやってて、飲食店をやりたいなというのは持ち続けながら、たまたまこういうのを目にして、ちょっとやってみようかなと思って通っています」(苅谷さん)

    続けて、なぜこの業界をめざしたのかを隣の井上さんに尋ねると…
    ずっと飲食の仕事をやっているのでスキルアップのため。さらに、2020年に東京オリンピックがあるので、外国人向けに寿司技術も身に付けたいと答えました。

    「一番好きな食べ物は?」という平松くんの質問に、「サーモン」と笑顔で答える井上さん。
    講師の髙村先生にも好きな食べ物を聞いてみると…
    「お寿司に限らずですか?素直に言っちゃっていいんですかねぇ…いちごです!」(高村先生)

    「めちゃくちゃかわいいじゃないですか!」(平松くん)
    「かわいいでしょ。いちご大好きなんですよ」(髙村先生)
    この間もいちご狩りに行ってきたばかりだそうです。

    平松くんは「人間て見た目だけじゃ分からないですね」と驚いていました。

    『ボイメンジャパネスク』
    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(おとめボタン)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス