• オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
  • 流暢な英語が恥ずかしい女子大生に英米学科卒の『オドぜひ』ADが発音レッスン!

    オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。2019年5月13日放送分では、英語の発音が恥ずかしいという女子大生が登場!

    今回は『英語の授業で英文を読むときに、発音をそれっぽく読むのがものすごく恥ずかしいです。(冨田真穂・19歳 愛知・豊橋市)』というクチコミです。

    大学2年生の冨田真穂さんがスタジオに来てくれています。

    家族に外国人がいるわけではない日本人が、英語を流暢に話しているのを見ると笑ってしまうという冨田さん。
    流暢な発音をしたくない冨田さんは、あえて上手くない発音を心がけてカタカナ英語で発音していると話します。

    試しに冨田さんの発音を聞いたオードリー春日さんは、先生に怒られるでしょ?と笑います。

    ここで、英語の発音がネイティブなオドぜひAD・細井貴恵さんがスタジオに登場します。
    大学は英米学科に通っていたという細井さんは、裏で冨田さんの話を聞いてショックを受けたそうです。
    そんな細井さんが流暢な英語を披露すると…
    「Hello!I’m Takae. And I’m 22 years old. I’m assistant director of “Odozehi”. Thank you.」

    冨田さんは、流暢な英語の中に日本語の名前が混ざる点に違和感を覚えると話します。
    細井さんが帰国子女ではないことにも、「そういうやつ!」と指摘。
    さらに、細井さんの実家がお寺であると聞くと…
    「一番ダメなやつ!海外の要素どこにも無いじゃないですか。日本語大事にしましょうよ」と冨田さんがツッコみまくります。

    ここで、海外でも通じる英語の発音を細井さんから教わることに。
    カタカナ英語では通じない「ホットコーヒー(Hot coffee)」を練習します。

    細井さんの指導に従って、出演者一同が「Hot coffee!」と発音します。
    ポイントは「ffee(フィー)を発音しないこと」と「”F(エフ)”の発音で下唇を前歯で噛むこと」の2点です。

    ポイントを聞いた若林さんは変な表情で発音し、磯貝アナが「バカにしすぎ!」と笑いながらツッコみます。

    最後はゲストの冨田さんも挑戦。
    若林さんと同じ変な表情で発音した冨田さんにスタジオは笑いに包まれました。

    『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』
    【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
    【アシスタント】磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)
    【出演者】冨田真穂さん、細井貴恵さん
    中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分放送
    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
    【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス