• オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
  • 中川パラダイス=「中川P」、ほっぺた=「ペタ」、ネコ=「おモチ」、春日語を愛する大学生がオドぜひに登場!

    オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。
    2019年6月3日放送分では、「春日語」が大好きという男性が登場!

    今回は『僕は「春日語」が大好きで自分でも「春日語」を作っています。まだまだ未熟ですが崇拝する春日さんにどれだけ近づいたか知りたいです。(鈴木駿・21歳 静岡・浜松市)』というクチコミです。

    大学生の鈴木駿さんがスタジオに来てくれています。

    春日さんは学生時代から、特有の言い回し「春日語」を多用しているそうです。
    中学生時代には、車のことを「ブーブー」と言っていたそう。

    そんな春日語が大好きという鈴木さんは、春日語を世間に知ってもらいたいと話します。

    鈴木さんいわく、春日語は3つに分類されるのだそう。

    ①「中川パラダイス」→「中川P」のように、言葉の一部を英語に変える。
    ②「ほっぺた」→「ぺた」、「ロケ」→「ロケーション」のように、言葉を付け足す・減らす。
    ③「ネコ」→「にゃんころもち」→「おモチ」のように、別の言葉に変える。

    鈴木さんの的確な分析に、春日さんのテンションも上がります。

    ここで、鈴木さんがどれだけ春日さんに近づけているか確認することに。
    春日さんと鈴木さんに「お題」を出し、新しい「春日語」を作ります!

    新作 春日語!オードリー若林の反応は…

    若林さんから出されたお題は「ズボン」。2人が新しい呼び方「春日語」を考えます。

    本家・春日さんよりも先に書き終わった鈴木さんに、「駿、めっちゃ早いじゃん!」と驚く若林さん。

    「ズボン」の春日語回答は…
    「パンティー」(春日さん)
    「ズビン」(鈴木さん)

    2人の回答を見た若林さんは、「どっちからいこうかな~。どっちもいかなくていいや!」と笑います。

    まずは春日さんの回答「パンティー」を取り上げます。
    「え?じゃあコレ(ズボン)のことは『パンティー』って言うんですか?」と聞きながら、目を覆い隠して笑う若林さん。
    「なんなんだよ」とツッコみ、春日さんのフリップを蹴り飛ばします。

    春日さんは、マネジャーにズボンを取ってもらう際は、毎回「パンティー取って」と声を掛けると説明します。
    さらに「女性ものの下着とズボンが並んでいたらパンティーとは言わないけどね」と熱を込めて説明し続ける春日さんを、「そんなに聞いてないからね」と遮る若林さんでした。

    そして、鈴木さんの回答「ズビン」を取り上げますが…
    読み上げただけで笑ってしまう若林さん。

    春日さんと回答が一致せず、「そっちもあったんですけどね~」と悔しがる鈴木さんでした。

    『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』
    【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
    【アシスタント】磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)
    【出演者】鈴木駿さん
    中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分放送
    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
    【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス