• ボイメンジャパネスク
  • 文化1804年に作られた和太鼓に触れ、感嘆するボイメン辻本

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年7月30日配信の『【和太鼓編】未公開シーン4 ~和太鼓の中には歴史が詰まっている!?~』では、ボイメンの辻本達規くんが、愛知県知立市にある杉浦太鼓店12代目・杉浦新八さんにお話を伺っています。
    (この映像は、7月19日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    15366:1
    【和太鼓編】未公開シーン4 ~和太鼓の中には歴史が詰まっている!?~
    ボイメンジャパネスク
    2分の動画・2019/7/30に公開

    完成した長胴太鼓を見た辻本くんが、「いつ頃のものかというのはどういうところから分かるんですか?」と杉浦太鼓店12代目・杉浦新八さんに質問します。

    杉浦さんでも、見た目ではあまり分からないのだそうです。
    皮を外して胴の内側を見ると、いつ・誰が作ったのか、いつ皮の張替えをしたのかが書いてあると説明を受けます。

    杉浦さんが辻本くんに見せてくれたのは、年季の入ったいかにも古そうな大太鼓。

    胴の淵にたくさんの穴があり、長い年月のうちに何度も皮が張り替えられたことが分かります。

    杉浦さんが、皮を外して胴の内側を見せてくれました。
    胴の内側を見てみると、直接字が書きこまれていたり、張り紙をしたり、何度もメンテナンスされた痕跡が確認できました。

    辻本くんも「わ~、何これ!」と驚いています。

    胴の内側に、様々な記録が残されています。

    一番古い記録は「文化1804年」と記されており、この大太鼓が約200年前から使われていることが分かりました。

    何度もメンテナンスを繰り返して200年前から大切に和太鼓を扱っていることを知り、感心する辻本くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』
    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗奈(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    関連記事

    JR武豊駅前で思いがけないお出迎え!武豊のアイドルに癒されるボイメン吉原

    過去最速で失格する駄々っ子・ボイメン平松!「リアルガチマジ卍ゲーム リターンズ」第2戦

    ボイメンで一番結婚しちゃダメなのは平松?! 検証!ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?8

    ボイメン平松賢人が「名古屋寿司カレッジ」の生徒たちにインタビュー!

    ボイメンムービー第1位獲得!「リアルガチマジ卍ゲーム」が新ルールで帰ってきた!

    ボイメン勇翔がイメージする「包むもの」とは?風呂敷専門店・京都唐草屋で「包む文化」を学ぶ

    関連タグ
    PREV野球の知識をフル活用して和太鼓の材木について学ぶボイメン辻本!憧れのアオダモに興味津々
    NEXTくりぃむ上田の母校・済々黌高校よりも九州学院の方が女子からモテた?太田上田が辛かった営業の話を語る!
    中京テレビの無料動画Chuun
    アプリをダウンロード
    (iOS8.1以降、Android4.4以降)