• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン小林、長年の経験がものを言う繊細な和菓子作りの作業「練り切りの色付け」を学ぶ

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年9月10日配信の『【和菓子】未公開シーン4 ~生地に色をつける技~』では、ボイメンの小林豊くんが、京都府京都市にある「甘春堂(かんしゅんどう)東店」を訪れ、和菓子作りを体験しています。
    (この映像は、9月7日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    16589:1
    【和菓子】未公開シーン4 ~生地に色をつける技~
    ボイメンジャパネスク
    2分の動画・2019/9/10に公開

    京都府京都市にある「甘春堂(かんしゅんどう)東店」を訪れ、和菓子作りを学ぶ小林くん。
    今回は、練り切りに色を付ける方法を学びます。

    まずは甘春堂の和菓子職人・豊田吉徳さんに「練り切りの色付け」を実演していただきます。
    普段は大量の練り切りに色を付けるそうですが、今回は見本として、少量の練り切りに色を付けます。

    まずは少量の練り切りを手に取り、そこに水色とピンクの色素を一滴たらします。

    馴染ませると、鮮やかな紫色になりました。

    完成の色に近づけるため、 出来上がった色を見て白い練り切りを足して指でもみ込みます。

    ここで微調整。色付けした生地を少量ちぎり、少しだけ色素を足します。

    色付け作業は、ほんの少しの色素で一気に色が変わってしまうそうです。
    少しずつ色素を加えながら、徐々に完成の色に近づけていきます。

    「本当に少しのさじ加減で…」(小林くん)
    「これはもうほんまにさじ加減ですね」(豊田さん)

    若手の職人には、毎回同じ色を再現するのは難しく、色がバラバラになる可能性が高いそう。
    まさに長年の経験に裏打ちされた技術です。

    出来上がった練り切りの色は、先ほど小林くんが使った露草の紫と同じ色になりました。

    長年の経験がものを言う、和菓子作りの奥深さを学んだ小林くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』
    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗奈(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    関連記事

    ボイメン平松が「魚へん漢字クイズ」に挑戦…しかし?!ボイメンジャパネスク寿司編 地上波未公開シーン

    野球の知識をフル活用して和太鼓の材木について学ぶボイメン辻本!憧れのアオダモに興味津々

    ボイメン水野の小さすぎる鳴き声に苦戦する辻本! 「帰ってきた!うしろは誰ニャン」2

    フルーツロール?寿司ピザ?!ボイメン平松賢人が海外で人気の寿司を試食!

    怪談にビビるボイメン平松「そういう話あんまり好きじゃないんで…」姫路城の古井戸は、お菊さんの怪談・播州皿屋敷の舞台!

    ボイメン水野も驚嘆する、合気道の開祖・植芝盛平伝説!

    関連タグ
    PREVFBS福岡放送・伊藤舞アナ&太田上田が「若返り/老化アプリ」に挑戦!伊藤アナの老化バージョンはステラおばさん?!
    NEXT太田上田&伊藤舞アナのコレクションは?太田のマイルールは毎日母親の仏壇に線香と水をあげること。キャラ崩壊の太田に「お前も人の子かい!」とツッコむ上田。
    中京テレビの無料動画Chuun
    アプリをダウンロード
    (iOS8.1以降、Android4.4以降)