• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン勇翔がイメージする「包むもの」とは?風呂敷専門店・京都唐草屋で「包む文化」を学ぶ

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年9月23日配信の『【包む】未公開シーン1 ~勇翔がイメージする“包む物とは?”~』では、ボイメンの勇翔くんが、京都府京都市にある風呂敷専門店「京都唐草屋」を訪れます。
    (この映像は、9月20日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【包む】未公開シーン1 ~勇翔がイメージする“包む物とは?”~
    ボイメンジャパネスク

    ロケ現場へと向かう勇翔くん。どこへ向かっているのか知らされていない模様。

    「今回は”包むという文化を学ぶ”という事なんですけど…。包むって言われてもあんまりパッとこないですよねぇ~」とリポートしながら、イメージを膨らませます。

    勇翔くんが「京都」「包む」というワードからイメージしたのは、「八つ橋」。
    「(八つ橋は)中のあんこを包んでるじゃないですか!」と笑いながら説明します。

    しかし、どうやらこの予想は見当外れのよう。

    スタッフの合図で勇翔くんが足を止めたのは、会社のような外観の建物の前。
    勇翔くんは「ここ?ここですか?」と戸惑います。

    建物の中へ入るとすぐに風呂敷が目に留まりました。

    「あ~、風呂敷!風呂敷か~!」と勇翔くん。
    「包む=風呂敷」であることを理解した様子です。

    「いや~、使ったことないですね。風呂敷は」とあまり風呂敷に馴染みがない様子の勇翔くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』
    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス