• ボイメンジャパネスク
  • 「日本庭園の楽しみ方」を学んでいるはずが…昔飼っていたカメについて語り出すボイメン土田

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年10月15日配信の『【庭園・盆栽】未公開シーン2 ~ロケ中にアイツとの再会!?~』では、ボイメンの土田拓海くんが、東京都文京区にある「六義園(りくぎえん)」を訪れています。
    (この映像は、10月11日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【庭園・盆栽】未公開シーン2 ~ロケ中にアイツとの再会!?~
    ボイメンジャパネスク

    土田くんが訪れているのは、東京都文京区にある「六義園(りくぎえん)」。
    六義園ガイドの横山英利子さんに、日本庭園の楽しみ方を教えてもいます。

    横山さんが案内してくれたのは「滝見茶屋」。
    その名の通り、滝を見るために作られた建物です。

    ベンチに腰掛けて庭園を眺めていると、土田くんが池の中にカメを発見します。
    「カメいるじゃないですか!」と驚く土田くん。
    池にはカメだけではなくスッポンもいるそうです。

    「カメと間違えてうっかり手を出すと、喰いちぎられますから気を付けてください」(横山さん)
    「結構淡々とエグいこと言うじゃないですか!」(土田くん)

    横山さんによると、スッポンはカメと違って凶悪な顔をしているのだそう。

    「自然の中に溶け込んでいるから、カメを発見するとテンションが上がる」と少し興奮気味の土田くん。

    そして話は、昔土田くんが飼っていたカメの話に。
    カメの名前は「カメ吉」。

    土田家の庭の水槽で飼育されていたカメ吉は、なぜか冬眠の季節になると水槽から脱走し、冬眠明けにまた帰ってくるのだそう。
    それが毎年の風物詩になっていたのだとか。

    ある年、いつものように水槽からいなくなったカメ吉。
    春になったら戻ってくるだろうと思っていたら、結局帰って来なかったそうです。

    当時を思い出しながら、「もしかしたらあの時のカメ吉かもしれないですね」と懐かしそうに庭園のカメを見つめる土田くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス