• オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
  • 10年間テレビの無い生活を送るミニマリストの男性。今一番欲しいものを賭けて『オドぜひ』でダーツ勝負!

    オードリーさんに会って欲しい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。2018年1月20日の放送分では、物を持たないミニマリストの男性が登場!

    今回は「僕の後輩は必要最低限の生活必需品しか持たないミニマリストです。 たぶん家にあるものを全部スタジオに持っていけます。(上園悠真・23歳・名古屋)」というクチコミです。

    大学院の研究室に通っている加藤さんがミニマリストで、実家にもテレビがなく現在もテレビがない生活を約10年間送っているとのことです。

    そこで春日さんが「小学生くらいの時期にあったことはあったの?」という質問に対して
    加藤さんから「地デジの波に押されて自然消滅」という衝撃の返答が!
    それにはオードリーのお二人もびっくりしていました。


    ミニマリストの加藤さんから欲しいものがあると紹介されたのは「ヨギボー(Yogibo)」という巨大なビーズクッション。オードリーのお二人は「なにそれ?」と全く知らないようでした。

    実物のヨギボーが登場し、それを見て「どういうこと?」「でかいじゃん」などとあまり良い印象を抱いていませんでした。


    ですが、加藤さんがヨギボーを椅子として使うと、先ほどまでの反応とは一転「すごいな!」などの好印象を受けていました。

    しかし春日さんが「差し上げますとか、そういう番組じゃない」と言い始め、ヨギボーチャレンジと題した番組恒例ダーツで持って帰れるかどうか決めることになりました。


    加藤さんが初めに指定したヨギボーを獲得できる範囲では「当たんないですよ、そんなの」と指摘すると、私物を賭けるのであれば獲得できる範囲を広げると若林さんが提案。
    すると加藤さんが真っ先に差し出したのは、先輩・上園さんの寝袋でした。

    それには若林さんも「追い込まれたらそうなるな」と、納得。
    上園さんに大丈夫か?と確認したところヨギボーがあれば問題ないとの返答がきました。

    その甲斐もあり、ヨギボーの範囲を倍近く大きくすることができました。
    春日さんの提案により、加藤さんも布団一式をかけましたがほとんど範囲は変わらず。春日さんも思わず「布団の評価低いな」と突っ込んでいました。

    そして、ヨギボーを獲得できる範囲が半分位になったところで、とうとうダーツを投げる時がやってきました。


    投げた瞬間ダーツの矢が刺さっているところがハズレなのがわかり、一同「あーー!」と絶叫。加藤さんは結局ヨギボーを獲得できず、没収されてしまいました。
    出演者お二人の切なさがひしひしと伝わって来ます。

    オードリーさんにぜひ会って欲しい人がいるんです!という方、クチコミお待ちしています!

    『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』
    【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
    【アシスタント(代理)】市野瀬瞳(中京テレビアナウンサー)
    【出演者】上園悠真さん 加藤望さん

    中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分放送
    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
    【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    中京テレビの無料動画Chuun
    アプリをダウンロード
    (iOS8.1以降、Android4.4以降)