• 中京テレビNEWS
  • “かわいい”で地球を守る! アクセサリーを作る女性4人組が挑む「プラごみ」問題

    深刻な環境問題として、話題になることも多い「プラごみ」。
    厄介もののごみを、かわいいアクセサリーに変身させる、仲良し女性4人組の取り組みを取材しました。

    長野県飯田市で行われた、手づくりアクセサリーのフリーマーケット。
    色とりどりの、一点もののアクセサリーが並びます。

    「かわいい。かわいい、悩んじゃう」
    「満足度は100%です」
    「キラキラしてかわいかったよね?ちょっと衝撃感動」(客)

    女性たちが思わず見入ってしまうこのアクセサリーは「sobolon(ソボロン)」というブランドで、和田佑梨香さん、山崎姫菜子さん、古田理沙さん、安藤真由子さんの4人組が作っています。

    そんな彼女たちが作るアクセサリーの材料には、ある秘密が。

    フリーマーケットの1週間ほど前、女性たちの姿は、愛知県知多半島の海岸にありました。

    「アクセサリーの材料を拾っています」(和田佑梨香さん)
    「これがアクセサリーになるんですか?」(記者)
    「プラスチックのごみを拾って、宝探しみたいな気持ちでごみを拾っているんです」(山崎姫菜子さん)

    海岸に打ち上げられているプラスチックのごみが、アクセサリーの材料だといいます。

    フリーマーケットで並んでいたピアスやイヤリングの材料も実は、ここから拾ったもの。

    「ほんとうに(海のごみの多さに)ビックリ。こんなに海が汚れている。人間がごみを出しているんだなと 自分たちが感じる」(山崎姫菜子さん)

    今、世界的に問題となっている海に流れ出るプラスチックのごみ。
    それを知って、少しでも問題解決に繋がればと始めたといいます。

    「こんなのが落ちているのは悲しいなと思いながら、この子(プラスチックごみ)を生まれ変わらせようと」(山崎姫菜子さん)

    中学時代の同級生だったという和田さんたち。吹奏楽部で青春時代を完全燃焼していました。

    しかし、時が経ち、人生の壁にぶち当たり悩んでいた時に4人は再会。
    もともとアクセサリー作りに興味を持っていたという彼女たち。

    この取り組みをはじめたきっかけは…

    「去年みんなで旅行に行って、青春時代を思いだして。何かしたい、(一緒に)仕事がしたい」(和田佑梨香さん)

    何かを変えたい。そこで、もともとアクセサリー作りに興味を持っていたという彼女たちが思いついたのが…。

    「プラスチックの問題を知って、アクセサリーにして発信したら広がっていくかなという思いで、最初は集めて作り始めました」(山崎姫菜子さん)

    アクセサリー作りが好きとはいえ、売り物にした経験はなく、苦労の連続。
    完成には3か月ほどかかったといいます。

    「最初に作ったのは、ガタガタのものは200円とか。小さなマルシェで、こういうの作ってみましたみたいな感じで、売るというか見てもらうような感じでやったりとかしてたね」(山崎姫菜子さん)

    その後、4人で研究を重ね、半年間で500以上ものアクセサリーを作りあげたそうです。

    長野県飯田市のフリーマーケットでは、用意したアクセサリーの半分以上が売れ、過去最高となりました。

    「買うわ!すごくすてきな活動されて、若いのにね。応援します」
    「プラスチックっぽくないところ。でも プラスチックを使っているところが一番いい」(購入した人)

    彼女たちのポリシーは“かわいいで地球を守る!”。

    「かわいいで地球を守ると言っていますが、自分たちの力だけでは地球を守れるわけないし」(山崎姫菜子さん)
    「きょう私たちが拾った分はほんのわずかですが、それでも拾わないよりは拾った方がいいのかなと思う」(和田佑梨香さん)

    4人の人生を変えたともいえる、プラスチックごみのアクセサリー作り。
    少しずつですが、「かわいい」で環境問題に取り組んでいます。

    18205:119003
    “かわいい”で地球を守る! アクセサリーを作る女性4人組が挑む「プラごみ」問題
    中京テレビNEWS
    5分の動画・2019/11/21に公開

    中京テレビNEWS

    https://www2.ctv.co.jp/news/
    愛知・岐阜・三重の最新ニュースをいち早くお届けします。

    ナゴヤ発!TV配信サービス