• ボイメンジャパネスク
  • 吉原のサボりが平松のせいでバレる!?「子どもの頃の休日の過ごし方は?」検証!ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?4

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』が、中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!

    2019年10月31日に配信された「検証!ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?4」では、田村侑久くん・辻本達規くん・平松賢人くん・吉原雅斗くんの4人が、ジェネレーションギャップについてトークをしています。

    検証!ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?4
    ボイメンジャパネスク

    今回4回目となる企画「検証!ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?」。
    お兄さんチームの田村侑久くん(29歳)&辻本達規くん(28歳)、ゆとりチームの平松賢人くん(25歳)&吉原雅斗くん(25歳)の2組に分かれ、様々なテーマについて話しながら「ボイメンにジェネレーションギャップはあるのか?」を検証していきます。

    今回のお題は「子どもの頃の休日の過ごし方」です。

    小学生の頃の休日の過ごし方

    「せーの」の掛け声で、4人一斉に答えます。

    辻本くんと吉原くんは「野球の練習」。
    平松くんは「家族でおでかけ」。
    田村くんは「虫捕り」でした。

    田村くんのお父さんは大の虫好きで、家の中は標本だらけだったそうです。

    田村家では捕まえてきた虫をしばらく飼い、最終的には標本にしていたのだそう。
    田村くん自身も、飼っていたクワガタが綺麗な状態で死ねるようずっと見守っていたと言います。

    「標本にするのを待っている」ような田村くんの話しに、他の3人は困惑気味です。

    そして、平松くんが当時家族でショッピングモールに行った時のことを話し始めると…
    「ショッピングモールを標本にするの?」とボケる吉原くん。

    平松くんは「どうやって?どこに注射打てばいい?」とツッコみ、「普通にお買い物です」と説明する平松くん。

    辻本くんと吉原くんの休日は野球三昧で、特に吉原くんは「休みがなかったから、あんまり友達と遊んだ思い出がない」と当時を振り返ります。

    辻本くんは野球練習の休憩時間に、いかに早くご飯を食べ、余った時間で鬼ごっこをするかが楽しみだったそうです。

    「体力無限だな」(平松くん)
    「結局子どもって体力無限じゃん」(辻本くん)

    高校生の頃の休日の過ごし方は?

    続いて「高校生の時は休日どうやって過ごしていたか?」というトークテーマへ。

    同じ高校に通っていた平松くんと吉原くん。
    2人ともテニス部に入部し、その後すぐにボイメンに入ったのだそうです。

    「テニス部で(吉原くんは)ラケットを振って、僕はボール拾いしてっていう格差はあったんですけどね」と平松くんはボヤきます。

    当時、ボイメンの活動が嫌いだった吉原くん。
    稽古をサボるために、学校が終わって2時間ほど時間をつぶしてから稽古場へ行っていたそう。

    しかし、平松くんが学校を終えるとすぐに稽古場に行くため、吉原くんのサボりはバレていました。
    「こいつ(平松くん)が早く行くせいでバレるんですよ!」(吉原くん)

    吉原くんが稽古場の隅に隠れて携帯ゲームをしていたことを思い出しながら、
    「あいつは売れないなと思ったけどね」と語る辻本くん。

    それを聞いて「残ったね」と笑う平松くんでした。

    ナゴヤ発!TV配信サービス