• ボイメンジャパネスク
  • わんわん動物園で世界の犬と出会うボイメン水野。「タムタムみたい」な犬とは?

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年11月5日配信の『【日本犬】未公開シーン2 ~世界の犬と水野その1~』では、ボイメンの水野勝くんが、愛知県岡崎市にある「IPCわんわん動物園」 を訪れています。
    (この映像は、11月1日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【日本犬】未公開シーン2 ~世界の犬と水野その1~
    ボイメンジャパネスク

    水野くんが訪れているのは、愛知県岡崎市にある「IPCわんわん動物園」。
    スタッフの鶴田優さんに、園内を案内してもらっています。

    ひとつの犬舎の前で立ち止まり、「”フラットコーテッドレトリーバー”って聞いたことありますか?」と質問する鶴田さん。
    水野くんは聞いたことがないようです。

    この犬舎にいるのは、ゴールデンレトリーバーに似た、毛が黒色の犬種・フラットコーテッドレトリーバーの「むぎたろうくん」。

    こちらにおしりを向けてお昼寝中のむぎたろうくんでしたが、鶴田さんが「むぎ~」と呼ぶと素早く反応し、こちらに歩み寄ってきてくれました。

    水野くんも「反応が早い」と驚いています。

    フラットコーテッドレトリーバーは、 永遠のピーターパンと呼ばれるほど元気な犬で、大人になっても少年の心を忘れないのだそうです。

    それを聞いた水野くん「タムタム(田村侑久くん)みたいな犬種ってことですね」と笑います。

    「むぎちゃん!こんにちは~」と手を振り挨拶する水野くん。

    むぎたろうくんは跳躍するのも得意で、好きなスタッフさんが入ってくると、嬉しくてたくさんジャンプをするのだそうです。

    続いて「シベリアンハスキー」の犬舎前へやってきた水野くん。
    もうおじいちゃん犬だという子の名前は「ハクくん」です。

    鶴田さんの説明を聞いている水野くんですが、ハクくんと同じ犬舎にいるもう一頭のワンちゃんの様子が気になります。
    その子はドアの隙間から奥をのぞき込み、しっぽを振っています。

    好きなスタッフさんが通るのを眺めて待っている、人のことが大好きなワンちゃんなのだと鶴田さんが教えてくれました。

    様々な犬種の犬と会うことができ、楽しそうな水野くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス