• ボイメンジャパネスク
  • 「博士が実験失敗したみたい」わんわん動物園で、世界の珍しい犬と出会うボイメン水野

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年11月12日配信の『【日本犬】未公開シーン4 ~世界の犬と水野その3~』では、 ボイメンの水野勝くんが、愛知県岡崎市にある「IPCわんわん動物園」 を訪れています。
    (この映像は、11月8日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【日本犬】未公開シーン4 ~世界の犬と水野その3~
    ボイメンジャパネスク

    水野くんが訪れているのは、愛知県岡崎市にある「IPCわんわん動物園」。
    スタッフの鶴田優さんに、いろいろな種類のワンちゃん達を紹介してもらっています。

    次に訪れたのは、中国の犬「チャウチャウ」の犬舎です。
    チャウチャウを実際に見るのは初めてという水野くん。

    チャウチャウの最大の特徴は「紫色の舌」。
    舌が紫色の理由は解明されていないそうです。

    他の犬種は、舌が紫色になっていると「体調が悪い」と判断するそうですが、チャウチャウに関してはこれが正常なのだそう。

    「すげぇ紫!紅芋タルトみたい」と驚く水野くん。

    温厚な犬種ですが、わがままな性質もあり好き嫌いがハッキリした性格です。

    次に訪れたのは「チャイニーズクレステッドドッグ」の犬舎。
    チャイニーズクレステッドドッグを目にした途端、声を上げて驚く水野くん。
    「博士が実験失敗したみたいな頭」と表現します。

    毛が生えているのは頭部と足先、そして尻尾だけ。胴体は毛がなくツルツルです。
    病気などではなく、こういう毛の犬種なのだそうです。

    IPCわんわん動物園で展示されているのは体毛の無いタイプのチャイニーズクレステッドドッグですが、体毛のあるタイプもいるそう。

    チャイニーズクレステッドドッグの姿に「すごいっすねぇ」と驚きが止まらない水野くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時ものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス