• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン勇翔、将来は蕎麦屋開業?そば打ち体験で隠れた才能を発揮!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2019年12月3日配信の『【蕎麦】未公開シーン4 ~”そば処勇翔”開店!?~』では、ボイメンの勇翔くんが長野県伊那市の「信州伊那 そば処 名人亭」 を訪れています。
    (この映像は、11月29日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【蕎麦】未公開シーン4 ~"そば処勇翔"開店!?~
    ボイメンジャパネスク

    勇翔くんが訪れているのは長野県伊那市の「信州伊那 そば処 名人亭」。
    小林史麿さんに教わり、そば打ち体験をしています。

    そば粉に水を加えてまとめた生地を、上手に練り込む勇翔くん。
    高校の陶芸の授業で覚えた、粘土の練り方なのだそうです。

    「蕎麦でもやるんですよ。これが練りの基本です」と小林さん。
    陶芸の技が役に立ったと勇翔くんは喜びます。

    続いては切りの工程。
    左手で押さえたこま板(そばを細く均一に切るために使う板)に沿って、真っ直ぐ包丁を下ろします。
    そして、こま板を少しずつずらしながら丁寧に切っていきます。

    「素晴らしいなぁ。ちょっと指摘するとすぐに出来る」「凄く飲み込みがいい」「なかなかこういう人はいない」「天才的」とべた褒めされ、とても嬉しそうな勇翔くん。

    「将来しっかり習って蕎麦屋を出しますか」とすっかりその気になっています。

    切り終わった蕎麦を見てみると、均等な幅の麺が出来上がっているのが分かります。

    細く均等に切れた部分を指さし、「ここら辺は店に出せる」と小林さん。
    勇翔くんは「じゃあここら辺だけ臨時で」と笑って答えます。

    隠れた才能を発揮した勇翔くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス