• 中京テレビNEWS
  • 子供の遊びが本格スポーツに!? 「ピンポン野球」じわり広がる 人気の秘密は「誰でもホームラン」

    子供の頃、「遊び」でやったことがある人もいるのではないでしょうか?
    「ピンポン野球」が、いま広がりを見せています。

    愛知県のとある公民館。集まった学生たちに声をかけてみると…。

    「君たちは何部?」(記者)
    「卓球部です」(学生)

    テーブルには、卓球のラケットと、なぜか野球のバットのようなものが。

    卓球部員たちのあとをついて行くと、行われていたのは「ピンポン野球」でした。
    “ピンポン球を握り、投げる”という、本格的なスポーツだといいます。

    「プロ野球選手やメジャー級の選手みたいな変化球を投げられる、それが魅力」
    「いろんな年代の人と関われる、新しい競技」(卓球部部員)

    2014年に設立された、「ピンポン野球連盟」。
    そんなピンポン野球のルールは…

    「ピンポン野球」のルール

    ルール1:1チーム4人制で試合はスリーアウト交代の7回まで。
    ルール2:打ったピンポン球の飛んだ距離で何塁打かが決まる。

    今や全国に19チームが結成されている「ピンポン野球」のルールを考えたのが、三重県に住んでいた平田小次郎さん(62)

    「(当時は)ピンポン野球をどうするか自分で決めていましたね。いろいろひとつずつ」(平田さん)

    中学時代、平田少年は野球部で補欠。しかし、ピンポン遊びではヒーローでした。

    “大人になってもあの楽しさが忘れられない”、平田さんが50代を迎えたとき、強い思いで訪ねたのは、とある学校の体育館。

    「風があるとできないんです。ぜひやらせてください」(50代になった平田さん)

    しかし、何度も断られ続けました。

    「屋内でバットを振ると危ないし体育館に傷が付いてしまうので」(当時対応した教師)

    そこで平田さんが考えたのが、安全なピンポン野球のルール。
    危険と指摘されたバットはプラスチック製に変更し、さらにスポンジを巻き付けて安全なスポーツを目指したのです。

    そうして、体育館の利用許可がついに下りました。

    その後平田さんはピンポン野球を一緒に楽しもうと、参加者を募集。
    そこで現れたのが、三重大学の4年生だった柴田賢志さんでした。

    柴田さんはすぐにピンポン球を自在に操るようになり、平田さんを翻弄。

    「彼はおとなしそうだけど、度胸があってスター選手になりました」(平田さん)

    野球経験はなく卓球部出身の柴田さんでしたが、ピンポン野球界ではいまや“魔球の使い手”と呼ばれています。

    そこで早速、ピンポン野球の魅力ともいわれる“魔球”を柴田さんに見せてもらいました。

    “魔球”を見せてもらう

    まずは“フォーク”。バッターの手前で急に落ちることが特徴のフォーム。

    つぎは“ライジングシュート”。浮き上がって曲がることが特徴の魔球です。

    「すべて独学でやっています」(柴田さん)

    そして「ピンポン野球」最大の魅力が。

    「ピンポン野球」最大の魅力

    “誰もがホームランを打てるということ”。
    バットが軽く腕力がない子どもたちでも、ミートさえすればホームランが打てるといいます。

    先日行われた公開練習には、大阪や神奈川などから30人近くが集まり、にぎわいました。

    少しずつ広がりを見せる、ピンポン野球。柴田さんは、こんな夢を語っていました。

    「オリンピックの正式種目になって、ちゃんとしたスポーツとして認知されるようにしたい」(柴田さん)

    中京テレビNEWS

    https://www2.ctv.co.jp/news/

    愛知・岐阜・三重の最新ニュースをいち早くお届けします。

    ナゴヤ発!TV配信サービス