• ボイメンジャパネスク
  • 体は硬いけれど自信満々のボイメン土田、難易度の高い新技で宴会芸に挑戦! 日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編6

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が、中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2019年12月27日に配信された『ボイメンジャパネスク』の「日本の宴会芸を世界へ」では、江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編6
    ボイメンジャパネスク

    田村侑久くん・勇翔くん・土田拓海くん の3人が、日本の宴会芸を世界に広めるために「足を使って頭に笠をかぶる」という江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    前回の勇翔くんの挑戦に続き、今回は土田くんが挑戦します。

    準備をしようとサンダルを脱いだ瞬間、よろける土田くん。
    田村くんから「もうすでに危ない」とツッコまれます。

    田村くんが「さぁ土田さん。自信のほうはいかがでしょうか?」と質問。
    土田くんは「それはありますよ!だって成功している絵を見てるんで、自分の中にもイメージは出来ています」と真剣な表情です。

    足を使って笠をかぶることができるのか?!
    土田が挑戦!

    さっそく挑戦開始!

    まずは足の指で笠を掴んだ土田くん。
    反動をつけて傘を上に投げました!そして、傘の落下地点へと移動しますが失敗。

    「土田さんの作戦は(笠を)上に飛ばしてかぶるという、かなり高難度!」と田村くんが隣で実況しています。

    2回目の挑戦でもうまく笠を飛ばすことができず、バランスを崩して後ろにひっくり返ります。

    3度目の挑戦!
    今度は笠は真上に飛びましたが、笠の向きが上下逆さになり頭に当たって落下します。

    4度目は笠の縁が土田くんの顔面を直撃。悪戦苦闘しています。

    そうこうしているうちに、残念ながらタイムアップ。
    「ムズくない?これめっちゃムズいよ」とボヤく土田くん。

    「体が柔らかくないと立ちながらは無理だと思う」と言いながら、もう一度やってみせる田村くん。
    一発で成功しました。

    足を使って傘を頭に被る 優勝者は田村!

    ということで、優勝者はダントツで田村くん!

    ここで番組スタッフから「成績が一番悪かった人には、最後、独自のオリジナル宴会芸を見せてもらいます」と発表が…。

    「今、発表する?」と動揺する土田くんと勇翔くんでした。

    ナゴヤ発!TV配信サービス