• 太田上田
  • 野村克也が考えたイチローの攻略法、”ささやき戦術”が通用しなかった3人『太田上田』野村克也監督を語る編3

    爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、自由奔放にトークを繰り広げるトークバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週火曜深夜24:59~)。
    今回2020年3月3日(火)放送分は、「野村克也監督を語る編」です。

    番組前編では、野村克也さんが本の中で語る体験談が段々美化されているという話から、回り回って何が本当かわからなくなると盛り上がりました。
    番組中編は、東北楽天ゴールデンイーグルス監督時代の野村さんと山﨑武司選手のエピソードを太田さんが語りました。

    野村克也が見つけたイチローの攻略法

    野村克也さんは、人情味があまり取り上げられず、”データ野球”という側面が取り上げられやすいと話す太田上田。

    「全部の人をちゃんと調べて…やっぱり頭脳なんだよね、あの人」(太田さん)
    「あの人こそ野球を頭でやった人だよ」(上田さん)

    当時、攻略法が見つからないと言われていたイチロー(鈴木一朗選手)。
    野村さんは何か月にも渡ってスパイに弱点を探らせますが、「弱点がありません。イチローには打たれることを覚悟してください」とスパイは言ったそうです。

    「弱点のないやつなんておるか!って言いながら、どうしたか!?ノムさんが」(太田さん)
    「…俺知ってるよ。それは」(上田さん)
    「…泳がすねー」(太田さん)
    「先輩教えて!知らない知らない」(上田さん)

    イチローの攻略法を見つけられなかった野村さんは、日本シリーズ前のインタビューで事あるごとに”イチローの弱点はインハイ(内角高めの球)”と答えていたそうです。
    野村さんの計画は、”イチローの弱点はインハイ”と言ったことが巡り巡ってイチローにも伝わり、試合では真逆のコースを攻めてイチローを打ち取るというもの…と太田さんが語ります。

    しかし、「いや、それは違う」と上田さんが太田さんを遮ります。
    野村さんが”イチローの弱点はインハイ”と言ったことは正しいけれど、1試合目のみインハイ中心の配球をしたそうです。
    イチローも”自分はインハイ苦手ではないし、来るなら来い”と思っており、2試合目以降もインハイの球が来ることを期待しますが、インハイの球が来ないことに気づいたのは6試合目で「時すでに遅し」だったと上田さんが語ります。

    「…っていう話をしなさいよ」と上田さんが要求すると、太田さんは爆笑。

    「参りました。出過ぎた真似を…さすがGoing!」と反省する太田さんでした。

    ノムさんのささやき戦術

    野村克也さんの”ささやき戦術”が通用しかなかった人は3人だけと言う上田さん。
    野村さんは、野球だけでなく人間関係などの選手のデータも集めていたそう。

    1人目は張本勲さん。
    野村さんが「あの店の姉ちゃんと良い感じらしいな」とささやくと、張本さんは逆にイライラしてヒットを打ってしまい、ささやき戦術が通用しなかったそうです。

    2人目は王貞治さん。
    野村さんが「あの店の姉ちゃんと仲良いらしいな」とささやいても、王さんは集中していて聞こえていなかったそう。

    3人目は長嶋茂雄さん。
    野村さんが「あの店の姉ちゃんと仲良いらしいな、どうなっとるんや」とささやくと、長嶋さんはタイムを要求して飲み屋のお姉さんについて話しこみ始めたため、ささやき戦術が通用しなかったそうです。


    「最高だよね!その話ね!」(太田さん)
    「そうね!有名な話だけどね」(上田さん)

    野村克也監督vs松井秀喜

    野村克也さんと松井秀喜さんに関する話をしようと思った太田さんですが、どんな話だったか思い出せない模様。

    上田さんが「一打席目?高津にインハイ投げてみろって言った」と助け舟を出します。
    高卒ルーキーの松井さんがどれほどのバッターなのか確かめるため、野村さんが高津臣吾投手にインハイコースへ投げさせ、ホームランを打たれた話です。

    しかし、どうやら太田さんが話したい話は高津さんと松井さんの話ではないようです。

    「これも山田雅人が話してたんだけど、松井が高校から(プロ野球に)入ってきて、どの程度やるかで…”何か”がダメだったんだって、松井が」と笑いながら話す太田さん。
    すかさず、「そんな導入のところ聞かなきゃいけないの?昔々あるところに…みたいな」と上田さんがツッコみます。

    野村さんが松井さんの”何か”ダメなところを見つけたと話を続ける太田さんですが…

    「肝の部分教えろや!」と上田さんにツッコまれます。

    ”何か”がダメという理由で、野村さんが”松井秀喜はすごいけど王貞治にはなれない”と言っていたと太田さんは力説します。
    松井さんは長嶋さんに直訴して”何か”を克服する特訓をしていたとも続けます。

    「ずっと謎を出されてる気分だわ!脱出ゲームだわ、これ」(上田さん)
    「それで”何か”を克服したの」(太田さん)
    「言え!その”何か”を!」(上田さん)

    「次のシーズンで、どこかに来た”何か”をドーンと打って、あいつ(松井秀喜)は王になった!」と話を締めくくりますが、「感動できねーよ!そんな話じゃ」と上田さんにバッサリ切られる太田さんでした。

    『太田上田』

    中京テレビ 毎週火曜深夜24:59~放送
    『太田上田』はナゴヤ発TV配信サービス「Locipo(ロキポ)」で見逃し配信中!
    https://locipo.jp/


    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/otaueda/
    2人に話してほしいテーマやトピックを募集中!
    【出演者】太田光(爆笑問題)上田晋也(くりぃむしちゅー)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス