• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン田村・土田と小野小町 小西が「ヘボ」を試食。田村はトラウマを克服し、食べることができるのか?

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年1月7日配信の『【五平餅】未公開シーン3 ~ヘボを食べるよ~』では、田村侑久くん・土田拓海くんと小野小町 小西麗菜さんが五平餅づくりを教わるため、岐阜県恵那市を訪れています。
    (この映像は、2019年12月27日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    岐阜県恵那市の古民家を訪れているボイメン 田村侑久くん・土田拓海くんと小野小町 小西麗菜さん、中京テレビの上山元気アナウンサー。
    恵那で五平餅を作って40年の大島初美さんに五平餅作り教わりました。

    大島さんが「これ何か分かる?みんな」と小鉢に入った食べ物を出します。

    田村くんは「もしかしてあれじゃない?ヘボじゃない?」と素早く反応します。
    「そう!知ってるの?」と驚く大島さん。
    田村くんは昔、中京テレビのロケで食べたことがあるそうです。

    「ヘボってなんですか?」と聞く土田くんに、経験者の田村くんが「蜂」と答えます。
    「地蜂」という土の中に生息している蜂です。

    田村くんは生の地蜂の幼虫を食べて以来、ヘボがトラウマになっていると言います。
    「甘いんですか?」と聞く田村くんに、「食べてみる?」と大島さんがすすめますが、田村くんは拒否します。

    そして、試食役を土田くんに押し付けようとする田村くん。
    しかし、「皆で食べればいいじゃん!せっかく作ってくれたんだから」と土田くんが提案します。

    それでも渋る田村くん。
    土田くんは「仕事じゃん、がんばって食べるの!」と説得します。

    大島さんによると、へぼ(地蜂)はとても高価なものだそう。
    「…じゃあみんなでちょっとずつ食べよう」と田村くんもようやく決心します。

    ピーナッツのように見えるのは幼虫で、成長すると黒くなり羽根が生えてくるそうです。

    大島さんの説明を聞きながら、田村くんはとても不安そうです。
    土田くん、小西さんと順番にヘボを取っていきます。

    田村くんは、真剣な表情で小さいヘボを選びます。

    「生ではないから大丈夫。1時間くらいかけて醤油と酒で煮込んだから大丈夫」と、田村くんに優しく声を掛ける大島さん。

    土田くんの「いただきます」の合図で一斉に口に入れ、味わいます。

    田村くんは「生じゃないから全然いけます!」と安心した様子です。

    土田くんの「山椒みたいな…酸味無いですか?」というコメントに対しては、「ないです」と大島さんがバッサリ!
    幼虫はプチッとした食感があるようです。

    「日本酒と合いそう。つまみにいい」と満更でもなさそうな田村くんでしたが、「ちょっとだけど、すごく高いんだよ」という大島さんの説明に、「へー」と言いってさっさとお皿を返します。

    田村くんのトラウマは、そう簡単には消えないようです。

    ボイメンジャパネスク

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス