• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン平松が粋な着物姿に変身!着替えシーンは特典映像に?!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年1月13日配信の『【着物】未公開シーン1 ~平松、着物にお着がえ~』では、平松賢人くんが着物の奥深い世界を学んでいます。
    (この映像は、1月10日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    京都府京都市の呉服店「京都錢京」を訪れている平松賢人くん。
    六代目の岸田靖司さんに着物の着こなしやマナーなど、奥深い世界を教えてもらっています。

    着物に着替えるために洋服を脱いでいる平松くんを、カメラが撮影しています。

    「(この映像)どこに出すんですか?」と質問する平松くんに「特典映像」と番組スタッフが笑いながら答えます。

    着物を着る時、毎回「もうちょっと太っているとねぇ」と言われるという平松くん。
    「細いと似合わないですか?やっぱり」と質問すると、「そうですねぇ」と岸田さんは答えます。

    着物用の肌着姿に違和感があるのか、平松くんは恥ずかしそうにしています。

    そして、着物を着る前に足袋を履きます。
    足袋の留め具が苦手な平松くんは、「これはもう慣れですか?」と岸田さんに質問。
    すると岸田さんも「私もジッパーだったらええのになと思います」と優しく合わせてくれます。

    衣装でスネ位まである足袋を履いた事がある平松くんは、留め具がたくさん付いていて大変だったと当時を思い出しています。

    着物を着た後に足袋を履こうとすると、留め具を留めるのが大変なので、先に足袋を履くのだそうです。

    襦袢(じゅばん)に着物を羽織った平松くん。
    岸田さんによると、襦袢の生地は着物で隠れてしまうのですが、昔の人は見えないところのおしゃれを楽しんでいたのだそうです。

    「着物を一人で着る事ができたり、人に着せてあげたりできるとかっこいいんだけどね」と平松くんは語ります。

    最後に羽織を着ます。

    「これは防寒具って事ですか?」(平松くん)
    「いわゆる、スーツのジャケットみたいなものですね」(岸田さん)

    着物を一通り着せてもらい、「背筋がピーンと伸びますね」と嬉しそうな平松くんでした。

    ボイメンジャパネスク

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス