• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン田村「鶴のえひろい」に挑戦!まさかのスピードで軽くクリア? 日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編8

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が、中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2020年1月17日に配信された『ボイメンジャパネスク』の「日本の宴会芸を世界へ」では、江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    田村侑久くん・勇翔くん・土田拓海くん の3人が、日本の宴会芸を世界に広めるために、様々な江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    3人が挑戦しているのは「鶴のえひろい」。
    腕を後ろで組んで片足で立ったまま、低い台に置かれたカップを口にくわえ、飲み物を飲むという宴会芸です。

    「鶴のえひろい」田村が挑戦!

    前回の勇翔くんの挑戦に続き、今回挑戦するのは田村くんです。
    まずは鶴のポーズを決めます。

    そして、鶴の首のように手を動かしながらカップに近づいて行きます。

    すると、あっという間にカップを口にくわえることに成功!
    土田くんも「めっちゃ速い」と驚きます。

    しかし、次の瞬間バランスを崩して、両足をついてしまいました。

    土田くんに「アウト!」と言われ、驚いた表情を浮かべる田村くん。
    「片足で立ったまま飲むまでがゲーム」だと告げられ、「それ聞いてない!」と言い訳します。

    最速タイムかと思われた田村くんでしたが、判定はアウト!

    残念な結果となり、ぼやく田村くんでした。

    次回は土田くんが挑戦します!

    ナゴヤ発!TV配信サービス