• ボイメンジャパネスク
  • 京友禅の工房「染匠市川」で職人の繊細な技を見たボイメン平松。「試行錯誤の証」に感動!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年1月27日配信の『【着物】未公開シーン5 ~京友禅 微妙な色合い~』では、平松賢人くんが京友禅をつくる工房「染匠市川」を訪れています。
    (この映像は、1月21日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【着物】未公開シーン5 ~京友禅 微妙な色合い~
    ボイメンジャパネスク

    京都府京都市にある京友禅をつくる工房「染匠市川」を訪れている平松賢人くん。
    社長の市川昌史さんに、京友禅の着物ができるまでの工程を教えてもらっています。

    職人さんの作業を見学している平松くん。
    繊細な作業を見て「細かいですねぇ~」と感心しています。

    市川さんが見せてくれたのは“見本切れ”と呼ばれるもの。
    実際に染色する前に、微妙な色合いの違いを見極めるため、試し描きをする布です。

    緑色が並んでいる部分を指さし、「全部同じ色に見える」と、その色の変化の繊細さに驚いています。

    グレーの部分だけでも、微妙に色合いの違うものが何十個も並んでいます。

    これが職人さんが納得がいくまで色合わせをした試行錯誤の証だ、と市川さんが教えてくれます。

    カラフルで繊細な色合いの布を見て「これ(見本切れ)が売れそうですね」という平松くん。

    京友禅の繊細な作業に興味津々の平松くんでした。

    ボイメンジャパネスク

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス