• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン勇翔・限界に挑戦!何も知らない辻本が突然登場? 日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編10

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が、ナゴヤ発TV配信サービス『Locipo(ロキポ)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2020年1月31日に配信された『ボイメンジャパネスク』の「日本の宴会芸を世界へ」では、江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    ボイメンムービー『日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編10』

    日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編10
    ボイメンジャパネスク

    田村侑久くん・勇翔くん・土田拓海くんの3人が、日本の宴会芸を世界に広めるために、様々な江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    3人が挑戦しているのは「鶴のえひろい」。
    腕を後ろで組んで片足で立ったまま、低い台に置かれたカップを口にくわえ、飲み物を飲むという宴会芸です。

    前回、この宴会芸の勝者となった勇翔くん。
    今回はさらに、限界に挑戦します。

    カップの下に重ねられた6枚の板の内3枚を外し、難易度がかなり高くなりました。

    「どうでしょう、行けそうですか?」と質問する田村くん。
    勇翔くんは「さっきの感覚でもうちょい行けたら」と意気込みを語ります。

    「また勇翔の鶴、見せて下さい」と田村くんに言われた勇翔くんは、その場で鶴のポーズを始めようとし、スタート地点へと促されます。

    「鶴のえひろい」勇翔が限界に挑戦!

    勇翔くんのチャレンジがスタート!
    まずは華麗な鶴のポーズから。
    翼を大きく広げ、綺麗に羽ばたかせています。

    そして、目標のカップへと近付いて行きます。

    手を後ろに組み、片足立ちになります。
    少しずつ体勢と立ち位置を変え、感触をつかんでいきます。
    かなりカップに顔を近付ける事ができているので、成功も夢ではありません。

    体勢を整えて、カップをくわえました!

    成功か!と思いきや、勇翔くんの足元には水滴が…
    カップをくわえた瞬間に、中身がこぼれてしまいました。

    勇翔くん、惜しくも失敗です。

    失敗してしまった勇翔くんを慰める田村くん。
    すると突然部屋のドアが開き、「ちょっと待った~!」と辻本達規くんが登場します。

    「3人で1位決めたらだめでしょ!この競技に俺がいなかったら1位とか無いでしょ!」と近付いてきます。

    「ちなみにこの競技って何か知っとるの?」と質問する田村くんに「何?」と聞き返す辻本くん。
    「(ここまで)急いできた」と何も情報が無いまま、登場した様子の辻本くんでした。

    ナゴヤ発!TV配信サービス