• ボイメンジャパネスク
  • パワーとパワーのぶつかり合い!ボイメン辻本がチャンピオン勇翔に挑む! 日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編14

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が、ナゴヤ発TV配信サービス『Locipo(ロキポ)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2020年2月28日に配信された『ボイメンジャパネスク』の「日本の宴会芸を世界へ」では、江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編14
    ボイメンジャパネスク

    田村侑久くん・勇翔くん・土田拓海くん・辻本達規くんが、日本の宴会芸を世界に広めるために、様々な江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    以前、田村くん・勇翔くん・土田くんの3人で対戦した「引っ張り相撲」。
    今回は、現時点でのチャンピオン・勇翔くんに辻本くんが挑みます。

    「足腰は勇翔くんの方が強そうなイメージがあるね」(田村くん)
    「(辻本くんは)線は細いけど、筋肉量は負けてないから」(土田くん)
    「勇翔も筋肉量は相当すごい」(田村くん)

    田村くんと土田くんの2人が勝敗を予想します。

    勇翔vs辻本「引っ張り相撲」スタート!

    いよいよ注目の戦いがスタートします。

    田村くんは「ルールは基本ここからのスタートです」と言いながら、定位置に付いた勇翔くんと辻本くんのお尻をナデナデ。やりたい放題です。

    田村くんの合図でスタート!
    辻本くんが一歩前に出ます。

    しかし、一瞬のスキをついた勇翔くんが勢いよく前進し、辻本くんはなすすべなく引っ張られる形に。
    勇翔くんの勝利となりました。

    ガッツポーズの勇翔くん。

    改めてチャンピオンとなった勇翔くんが、ゴリラのドラミングで喜びを表現します。
    さらに「正統派ゴリラ」の称号も与えられました。

    そして、罰ゲームは土田くんに決定!

    次週は、土田くんがオリジナル宴会芸を披露します!

    ナゴヤ発!TV配信サービス