• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン水野、188年の歴史を持つ窯元「長谷園」を訪れ驚きの連続!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年3月2日配信の『【鍋】未公開シーン3 ~まるで博物館!昔から続く窯元・長谷園~』では、水野勝くんが188年続く窯元「長谷園」を訪れています。
    (この映像は、2月28日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【鍋】未公開シーン3 ~まるで博物館!昔から続く窯元・長谷園~
    ボイメンジャパネスク

    三重県伊賀市にある、188年の歴史を持つ窯元「長谷園」を訪れている水野勝くん。
    八代目社長の長谷康弘さんに、歴史深い建物を案内してもらっています。

    案内されたのは大正時代の建物。
    水野くんは「ドアがすごい」と趣のある入口の扉に驚いています。

    以前は事務所として使っていたそうですが、現在は長谷園を訪れた方に靴を脱いで休んでもらうための、解放スペースにしているそうです。

    一般の方でも自由に出入りできる室内には、歴史を感じる家具が所々に置かれています。

    古い金庫や、歴史を感じる古い電話もあり「ジブリでしか見たことない!」と感動する水野くん。

    趣深い室内で、温かいコーヒーをいただきます。
    一口飲んではぁ~っと息をつき「最高ですね」と一言。
    のんびりとくつろいでいます。

    長谷さんから、コーヒーの入っていたカップをお土産として持ち帰ることができると聞き、「持って帰っていいんですか?」と信じられない様子。

    350円のコーヒーはカップ付きの値段なのだそうです。
    「やりすぎじゃないですか?」と心配しながらも、「これは嬉しい」と喜ぶ水野くん。
    思わずガッツポーズです。

    大満足の水野くんは「もう今日のロケ終わりでもいいっすか?」とスタッフに一言。
    「まだ始まったばかりです」とツッコまれます。

    長谷園をすっかり気に入った水野くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス