• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン土田、自身が考案した罰ゲームを受け悶絶! 日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編15

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が、ナゴヤ発TV配信サービス『Locipo(ロキポ)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2020年3月6日に配信された『ボイメンジャパネスク』の「日本の宴会芸を世界へ」では、江戸時代の宴会芸に挑戦しています。

    日本の宴会芸を世界へ!江戸時代編15
    ボイメンジャパネスク

    これまで田村侑久くん・辻本達規くん・勇翔くん・土田拓海くんが挑戦してきた「引っ張り相撲」。
    土田くんが最下位に決定し、罰ゲームとしてオリジナル宴会芸を披露することになりました。

    土田くんの宴会芸は「ガムテープを脇に貼って、思いきりはがしてもらう」というもの。

    「腋毛はどのくらい生えとんの?」と辻本くんに聞かれ、「ちゃんと沢山蓄えてますよ。範囲広めの腋毛なんで」と腋毛を披露します。

    早速、辻本くんが土田くんの脇にガムテープを貼ります。
    左脇は腋毛全体を覆う形に。
    たくさん抜けるように、上からしっかりと押さえます。

    右脇は腕の付け根にガムテープを一周しました。

    そしてまずは右脇から。
    「3.2.1」と自らカウントダウンし、田村くんが勢いよく剥ぎ取ります。

    痛がる土田くんでしたがほとんど抜けず…
    抜けたのはわずか1本でした。

    続いて左脇です。

    こちらは辻本くんがしっかり押さえた所を重点的に、大量の腋毛が抜けました。
    土田くんは「痛ってぇ~」と悲鳴をあげています。

    宴会芸を披露してくれた土田くんが「以上、日本の宴会芸を世界に伝えようでした!」と元気に締めくくり、コーナー終了となりました。

    ナゴヤ発!TV配信サービス