• オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
  • 福岡放送「クロ女子白書」は番組名を言っただけでロケNG?!あまりにも過激なカンペの内容に大笑いするオードリー若林 オドぜひ

    オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。

    2020年4月20日放送分では、前回に続き「ローカル番組で天下とろうぜSP」をお送りします!

    番組のイメージが悪すぎる
    オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。

    今回は、『社内外ともに番組イメージがとにかく悪いです。僕も全国放送を目指しているのですが、この先不安です。 福岡放送 松尾嘉典プロデューサー(43歳)』というクチコミです。

    口コミを見るなり「これは大問題でしょ!」と叫ぶ若林さん。
    実際に番組にどんな声が届いているのかと質問します。

    福岡放送「クロ女子白書」では、時々ロケをしようという話になるそう。
    若い人たちと触れ合いたいので、学校に行きたいと連絡をすると、番組名を言った瞬間に「ちょっとその番組は…」とNGになってしまうそうです。

    番組の内容を詳しく知らないオードリーの2人は、不思議そうな顔です。

    「クロ女子白書」の出演者、パンクブーブーの黒瀬純さんが「(番組では)一般の女の子の恋愛遍歴や、経験人数、性癖などを…と」と説明している横から、同じく出演者のナジャ・グランディーバさんが「下品なんですよ」とズバリ答えます。

    先日も「全ての人に優しい学問の神様が祀られているという大宰府天満宮の鳥居を、この番組だけくぐれなかった」というエピソードを黒瀬さんが告白すると、スタジオは大爆笑。
    「菅原道真公が怒るから」と言われたのだそうです。

    「それは下ネタが多すぎるってことですか?」と若林さんが改めて確認します。

    「いや、ほんのチョットですよね」(松尾さん)
    「いやいやほとんど下ネタですよ」(ナジャさん)

    「どのぐらいの濃度の下ネタなんですか?」と春日さんが更に食いつきます。

    黒瀬さんが「本当にピーが入るような、ディレクターがカンペで…言っていいのかなぁ?」とためらいながら「黒瀬さん(放送禁止用語)の話!」とカンペが出される事を説明します。

    「カンペに書かないですよ、そんな言葉!」(若林さん)
    「紙に謝れって言った事ありますもん!」(黒瀬さん)

    黒瀬さんの話に、若林さんが手を叩いて大笑いしながら「それは鳥居くぐれないですね」と納得します。

    若林さんが「南海(放送)と札幌(テレビ)は社内外のイメージ悪くないですか?」と他のローカル番組の事情を尋ねます。

    すると、南海放送プロデューサーの徳丸博智さんが、ロケの候補先に連絡をしたところ「ありがとうございます。先日、来てほしいというメールしたんですよ!」と即OKになったエピソードを紹介します。

    それを聞き「ちょっと待ってくれよ~」と立ち上がる黒瀬さん。
    「そんな差がある?!」と驚くナジャさんでした。

    『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』

    【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
    【アシスタント】磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)
    【出演者】岸弘さん(札幌テレビ) 大地洋輔さん(ダイノジ) 上杉周大さん 徳丸博智さん(南海放送) 竹内愛希さん(南海放送アナウンサー) 
    松尾嘉典さん(福岡放送) 黒瀬純(パンクブーブー) ナジャ・グランディーバさん
    中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分放送
    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
    【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
    【YouTube】https://www.youtube.com/user/ctvaudrey/
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス