• 太田上田
  • 自分の操作で車酔い!?コントローラー操作に苦戦するくりぃむ上田『太田上田』名作ゲームで対決編1

    爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、自由奔放にトークを繰り広げるトークバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週火曜深夜24:59~)。
    今回2020年6月23日(火)放送分は、「名作ゲームで対決編」です。

    よゐこ有野の武道館に驚愕!? 流行りのゲーム実況

    番組冒頭で、金のシャチホコがくわえた視聴者メールを受取ろうとする太田さんがスタッフに対し「密です!」と言い放ちます。
    「密じゃないよ、距離あるから」と冷静にツッコむ上田さん。

    視聴者メールの内容は「おうち時間ならではの、『ゲーム実況』のような企画を見てみたい(埼玉県川口市27歳女性・かおりちゃんって呼んでくれ!さん)」です。

    「ゲーム実況って何が面白いんかね?」(太田さん)
    「人がやってるのをね。結構見ちゃうっていう人多いもんね」(上田さん)


    数年前によゐこの有野晋哉さんが武道館でゲーム実況をしていたという上田さんの情報に、太田さんは「武道館で?!」と目をまん丸にして驚きます。
    続けて「たしかにゲームセンターで、うまいやつの(プレイ)を後ろでずっと見てたわ。金もないしさ」と太田さんは納得します。

    太田さんは、ゲームセンターでの状況を再現します。
    「名古屋撃ちってこうやるんだ!」「古いな、時代が!!」と、一人ボケツッコミをする太田さんに、上田さんが笑います。

    相方・くりぃむ 有田からの誕生日プレゼント「Nintendo Switch」

    5月に誕生日を迎えた上田さんは、相方の有田哲平さんから誕生日プレゼントをもらったそう。

    「50歳のおっさんに『Nintendo Switch』を持ってきたんだ、あいつ」「50歳のおっさんに『 Nintendo Switch 』!?って思ったけど、ものすごいテンションあがったね!」と上田さんは嬉しそうです。

    「今みんな『あつまれ どうぶつの森』やっているからね」という太田さんの言葉にうなずきつつ、「今集まっていいのあそこだけだからね」とうまくまとめてドヤ顔になる上田さんでした。

    スーパーファミコンの名作ゲームで対決!

    今回の太田上田は「名作ゲームで対決編」。
    太田上田世代がハマった『スーパーファミコン』の3種類のゲームで対決します!
    2勝した方が勝ちの3ゲームマッチを行います。

    第1戦『スーパーストリートファイターⅡ ザ ニューチャレンジャーズ』

    初戦は『スーパーストリートファイターⅡ ザ ニューチャレンジャーズ』。
    「格闘は苦手だった」(太田さん)、「あんまりやった経験はない」(上田さん)とお互いハードルを下げ合います。

    太田さんは「チュン・リー」、上田さんは「リュウ」のキャラクターを選択し、対決スタート!

    ラウンド1

    太田さんはチュン・リーの蹴り技で地道にHPを削る作戦、上田さんはリュウの投げ技で大ダメージを狙います。

    ラウンド1の結果は、細かくHPを削った太田さんの勝利!

    「もう?!」(上田さん)
    「圧勝だよ、圧勝!弱ぇな、おまえ!手も足もでねえなぁ」(太田さん)

    続けてラウンド2に進みます。

    ラウンド2

    太田さんと上田さんは互いに飛び蹴りを繰り出しあいますが、ダメージを受けた太田さんは先ほどと同じく蹴り技で地道にHPを削る作戦に移行。
    互いにHP残り1割の状況で、太田さんは足技を出し続け、上田さんは必殺技を出せないかと模索しています。

    ラウンド2は上田さんの勝利!
    「よぉし、楽勝~」と余裕が出てきた様子。
    『Nintendo Switch』でできる対戦ゲーム『大乱闘スーパースマッシュブラザーズ SPECIAL』はキャラクターだけでなく対戦ステージも動く、とうんちくを披露します。

    1-1の状態で、ラウンド3に進みます。

    ラウンド3

    太田さんはラウンド2までの作戦と同じく、「チュン・リー」の細かい蹴り技を連発して相手を近寄らせません。
    上田さんの操作する「リュウ」は、蹴り技をくらって混乱状態になり…
    ラウンド3は太田さんの圧勝でした。

    「弱え!見てこのパラメータの差!」と笑う太田さんに対し、上田さんは不満顔です。

    「女性に手をあげるのもどうかなと思って」と言い訳をする上田さん。
    「ていうかさ、必殺技が一個も出ない戦いを視聴者の人は見るのかね?」と、対戦内容にも不満な様子。

    上田、「ダルシム」で ストツーリベンジ

    納得がいかない上田さんの要望に応え、今度は別キャラクターを選択して再戦です。

    太田さんは「エドモンド本田」、上田さんは「ダルシム」を選択します。

    太田さんは細かい蹴り技・突っ張り技を連発し、上田さんはダルシムのリーチの長さを活かした遠距離攻撃を繰り出します。

    結果は…
    またしても太田さんが勝利。その後、ラウンド2とラウンド3も太田さんの勝利。

    「弱いなぁ~」と面白がる太田さん。
    上田さんは「何が面白いの。これ確か、くそげーって言われてたやつだろ?」と負け惜しみを言い始めます。
    太田さんが「名作だろ。名作中の名作」と返すと、「他のにしよ!つまんない」と上田さんは素直に負けを認めませんでした。

    第1戦は太田さんの勝利となりました。

    第2戦『スーパーマリオカート』で対決

    第2戦は『スーパーマリオカート』。
    「やったことがある!」と口を揃える二人。
    上田さんは「芸人1~2年目で何の仕事もないから、夜な夜な友達と一日5~6時間やっていた」と熱く語ります。
    太田さんも「やるやる!」と共感して深く頷きます。

    太田さんは「ヨッシー」、上田さんは「キノピオ」のキャラクターを選択。
    一番シンプルな「キノコカップ」の「マリオサーキット」コースでレースを開始します。

    スタート画面を見て思わず懐かしむ太田さんと上田さん。
    「すげぇな。前これで”うわぁキレイだ”って言ってたんだからね、この画像で」(上田さん)
    「すげぇよな」(太田さん)

    しかし、スタート早々「こんな曲がってたっけ?」「こんなに下手だった?!」と叫び出す上田さん。
    太田さんも「(操作が)全然わかんない!え?もっとできたのに!」と納得がいかない様子。

    思うように操作ができない太田上田は、「昔はうまかったんだ」と言い合います。

    「今、何の片鱗も見えないけども、まじうまかった」(上田さん)
    「なんで、こんな衰えてるの?」(太田さん)
    「俺酔うわこれ、自分の運転に。俺が視聴者だったら見てらんないわ、こんなの」(上田さん)
    「こんな難しかったっけ?」(太田さん)
    「すっげー速かったよ、俺。”久我山のシューマッハ”って言われてたんだから」(上田さん)

    先にゴールしたのは、上田さん!
    しかし、途端に疲れ果てる二人。

    「手が痛い」「(昔は)あんなにコースアウトしなかった」と振り返る太田さんに、楽勝と言いつつも「ぶっちゃけ…車酔いしているからね」と白状する上田さんでした。

    第2戦は苦戦しながらも上田さんの勝利となりました。
    ここまでの戦績は太田さん1勝・上田さん1勝です。

    番組後半は、太田さんが体験したVRゲームの話、第3戦『スーパーボンバーマン』で白熱バトルが続きます。

    『太田上田』

    中京テレビ 毎週火曜深夜24:59~放送

    『太田上田』はナゴヤ発TV配信サービス「Locipo(ロキポ)」で見逃し配信中!
    https://locipo.jp/

    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/otaueda/
    2人に話してほしいテーマやトピックを募集中!
    【出演者】太田光(爆笑問題)上田晋也(くりぃむしちゅー)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス