• ボイメンジャパネスク
  • 寒空の中、手がかじかんでお弁当がうまく食べられない!!ボイメン本田、お箸の扱いに悪戦苦闘!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年3月24日配信の『【梅】未公開シーン4 ~手がかじかんでお弁当が食べられない!~』では、本田剛文くんが、和歌山県の南部梅林を訪れている様子を公開しています。
    (この映像は、3月20日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【梅】未公開シーン4 ~手がかじかんでお弁当が食べられない!~
    ボイメンジャパネスク

    和歌山県みなべ町にある、日本有数の梅の観光スポット「南部梅林」を訪れている本田剛文くん。
    南高梅農家の糸川昭三さんから梅について教わっています。

    寒空の中、園内で糸川さんと梅干し入りのお弁当を食べることになった本田くん。

    糸川さんに「どうぞ」とすすめられるのですが、寒さで手がかじかんでいる本田くんは「今の僕の手の状態では箸を扱える自信が無いんですよ」と訴えます。

    それでも「いきましょうね」という糸川さんの言葉に、何とか割り箸を割るところまで至ります。
    27年生きてきた経験で多少カバーできるかも、とお箸を扱えそうな気がしてきた本田くんは「よし!」と気合を入れます。


    「食べてみて下さい、まずはご飯から」と糸川さんが先にご飯をほうばります。
    本田くんは、助けてくれといわんばかりに「ちょっと待って、握力が無いから」と番組スタッフをチラ見します。

    そんな本田くんに対して、番組スタッフからは容赦なく「ポカポカ陽気っぽく」と指示が出ます。

    ポカポカ陽気っぽい顔はできるという本田くん。
    「やっぱりお弁当というと日の丸弁当ですよね…」と頑張りますが、「ただ、米を掴める力が無いんです」とすぐに挫折してしまいました。

    悪戦苦闘の末、何とか白米を箸でつかんだ本田くん。

    「いける、いける」とまずは一安心。

    やっとの思いで白米を口に入れ、続いて梅干しを口にします。
    「(ごはんには)合いますよね、やっぱり梅干しが一番ね」と梅干しの味を噛みしめ、ようやく食リポをすることができた本田くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス