• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン本田は運を持っている男?ガラガラ抽選会で高級梅干しゲットなるか?!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年3月30日配信の『【梅】未公開シーン5 ~ぷらむ工房のガラガラ抽選会に挑戦!~』では、本田剛文くんが、和歌山県みなべ町にある「ぷらむ工房」でガラガラ抽選会をしています。
    (この映像は、3月27日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【梅】未公開シーン5 ~ぷらむ工房のガラガラ抽選会に挑戦!~
    ボイメンジャパネスク

    梅の生産・販売までを手掛ける「ぷらむ工房」(和歌山県みなべ町)での買い物後、店員さんから抽選券をいただきました。
    いただいた抽選券で、ガラガラ抽選会に挑戦します。

    「僕に渡してくれたということは、僕が引いてもいいってことですか?」(本田くん)
    「運を持っている男だと思いますんで」(番組スタッフ)
    「運を持っていないとこんな仕事やってらんないっすよ」(本田くん)

    申年生まれの本田くんは「“申年の梅は縁起がいい”でおなじみの」と自信満々です。
    いただいた4枚の抽選券で、本田くんの運試しをします。

    「4枚全部やっちゃっていいんですか?」と確認する本田くんに、番組スタッフは「…様子見ます」と曖昧な返答。
    途中経過によっては、選手交代もあるようです。

    ボイメン本田剛文 強運の持ち主か!?

    一等は3,000円相当の梅干し、二等は2,000円相当の梅干し…
    一番下の五等は梅茶1杯分のパックです。
    一等=赤、二等=黄色、三等=ピンク、四等=青、五等=白です。

    「三等以上お願いします」と番組スタッフにプレッシャーをかけられながら、1枚目の抽選券を店員さんに渡します。

    本田くんは「狙うは一等、一番狙わなきゃ」と意気込みます。

    出てきたのは…青の四等。
    賞品は500円相当の梅干しまたは梅製品でした。

    2回目は、白の五等。

    残りの抽選券は2枚…。
    本田くんは番組スタッフに3枚目の抽選券使用許可をもらいます。
    「まだ1勝1敗なんで…負けたわけじゃないんで」という本田くんに、「まぁ、普通ね五等が多いでしょうから」と番組スタッフもフォローします。

    しかし…3回目も白の五等。
    「最初だけか~?」と番組スタッフから声が掛かります。

    それでも本田くんは「持ってるタレントさんは、一番おいしい最後で上位を出すはず!」と諦めません。

    「頼むぜ!」と意気込んで挑戦しましたが、結果は残念ながら白の五等。
    本田くんは首をかしげて落ち込みます。

    四等は日替わりで賞品が変わるそうで、この日の賞品は「プレミアムダイヤモンド梅」。
    1粒300円の大粒高級梅干しが2つ入っていました。

    600円相当の賞品に、本田くんは「いいんじゃない?」と少しテンションが上がります。


    五等の梅茶パックも3つ分しっかりと受け取った本田くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         磯貝初奈(中京テレビアナウンサー) 上山元気(中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス