• ボイメンジャパネスク
  • ボイメン本田、下呂温泉博物館の足湯体験で悶絶!僕はアスリートじゃない…

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN(ボイメン)』が日本の伝統や文化を世界に発信!
    『ボイメンジャパネスク』(中京テレビ、毎週金曜深夜24時59分~放送)では、誰もが知っているようで、実は知らないことを伝えていきます。

    2020年4月13日配信の『【風呂】未公開シーン3 ~下呂温泉で衝撃の足湯体験~』では、本田剛文くんが、岐阜県の「下呂温泉」を訪れた時の未公開シーンの様子を公開しています。
    (この映像は、4月10日放送『ボイメンジャパネスク』の地上波未公開映像です。)

    【風呂】未公開シーン3 ~下呂温泉で衝撃の足湯体験~
    ボイメンジャパネスク

    岐阜県下呂市にある「下呂発 温泉博物館」を訪れている本田剛文くん。温泉観光士の德原修さんの案内で衝撃の足湯を体験しています。

    屋外に設けられた足湯エリアには、温水レーンと冷水レーンが並行して並んでいます。温水レーンと冷水レーンを交互に進むことで血液の循環が良くなるのだそうです。

    德原さんは、「オリンピックを狙うアスリートなどは、試合後この方法で血液循環を良くし、疲れを早く取っている」と説明してくれました。

    本田くんは「ただ、僕はアスリートじゃないから、このクソ寒い時に冷水に入るの、気が進んでないですけどね…」とかなり渋っています。

    まずは、温水の足湯を進む本田くん、次は冷水レーンです。

    しかし、長めの冷水レーンを前に「ひーっ」と声を上げて、入水をためらっています。

    それでも「行きます!」と気合を入れて、片足を入れた本田くんでしたが、あまりの冷たさに「ダメでしょ!」と足を戻してしまいました。

    「キンキンに冷えてますよ!これ!」とスタッフに訴えながら、なんとか冷水に入った本田くんでしたが、一歩進む毎に「あぁっ!」と声を上げています。
    「ホントにダメだな」「冷たすぎて痛い」と弱音が止まりません。

    何とか1周渡り切った本田くんに、無情にもスタッフから「あと3周!」と声がかかります。
    今度は長めに温水レーンで温まる作戦です。

    もう一度、冷水に挑戦した本田くん。
    しかし冷水の冷たさと、敷き詰められた石の足つぼ効果が本田くんを苦しめます。

    やっとの思いで渡り切り、なんとも情けない格好で温水で暖を取る本田くんに、番組スタッフが「健康に良さそうですか?」と質問します。

    「良くない気がする。脳からは良くない物質が出てる気がする」と、拷問にしか感じなかった本田くんでした。

    『ボイメンジャパネスク』

    中京テレビ 毎週金曜深夜24時59分~放送
    【番組HP】https://www2.ctv.co.jp/bmj/
    【出演者】BOYS AND MEN 小西麗菜(小野小町)
         阿部芳美(中京テレビアナウンサー) 佐藤和輝 (中京テレビアナウンサー)
    【ナレーター】キミノミヤ(バイリンガルVTuber)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス