• ボイメンジャパネスク
  • ボイジャ・メンジャゲーム最終回!圧勝したのは?研究生の佐藤が次にやりたいゲームは?

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』が、ナゴヤ発TV配信サービス『Locipo(ロキポ)』でBMM(ボイメンムービー)を配信!
    2020年5月1日の『ボイメンジャパネスク』ではゲームに挑戦しています。

    ボイジャ・メンジャ5
    ボイメンジャパネスク

    前回に引き続き、小林豊くん、田村侑久くん、土田拓海くんと、佐藤匠くんが「ボイジャ・メンジャ」に挑戦しています。

    ルールは
    「引いたカードにあだ名をつけ次にこのカードが出た時、一番早くあだ名を叫んだ人がテーブルの上のカードをGET!最後に一番多くカードを持っている人の勝ち」というものです。

    これまで付けたあだ名は、
    土田くん=「マジうざなんだけど」。
    辻本くん=「フランケン飯田」。
    勇翔くん=「ジョジョ丸」。
    佐藤くん=「ながし目」。
    水野くん=「ゴロリ」。
    本田くん=「むっつりスケベ」。
    小林くん=「チャムチャムワンダーランド」。
    吉原くん=「オッパー」。
    平松くん=「テリーヌモンブラン」。
    田村くん=「ぽっちゃり」です。

    土田くんが引いたのは平松くんのカード。しかし、4人ともあだ名が出てきません。
    しばらくしてから佐藤くんがやっと正解を出す事ができました。

    「誰やねん、そんな難しいのつけたやつ!」と、あだ名を付けた張本人の小林くんが言っています。
    「これのどこがテリーヌモンブランやねん!」と小林くんがカードを投げつけると、佐藤くんが「可哀そうに」と平松くんのカードをなでなでしています。

    最後のカードは本田くん。これも佐藤くんが当てました。

    そして結果発表です。

    4人で枚数を数えながら手持ちのカードをテーブルの上に置いていくことに。
    小林くんは、2枚で早々に終了。
    佐藤くんは6枚でした。
    田村くんは、途中ズルしようとしますが結果は9枚。

    優勝は、13枚を獲得した土田くんに決まりました!

    田村くんは、「記憶力で言ったら負けてなかった」「場に溜まっていたカードがたまたま多かっただけ」と負け惜しみを言っています。

    ここで、他にもやりたい企画があるという佐藤くん。
    次回から「うしろは誰ニャン」に挑戦します。

    ナゴヤ発!TV配信サービス