• オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
  • 放送300回を記念してオドぜひフェス開催!キャラの濃いぜひらーミュージシャン達が登場!

    オードリーさんに会って欲しい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)2018年6月2日の放送では、放送300回を記念してオドぜひフェスを開催!

    今回は『オドぜひ』放送300回を記念して『オドぜひフェス』と称して、今までにオドぜひに出演したぜひらーの方がスタジオに来てくれています。
    冒頭で磯貝初奈アナが、今回で『オドぜひ』は放送300回とオードリーのお二人に告げます。
    このことに対して若林正恭さんは「やってるねー!」とまるで他人事のように言います。
    春日俊彰さんは「今後もね、500回も1000回もいきたいですけどね!」と意気込みますが、「夢みたいなこと言ってんじゃねーよ!」と若林さんに突っ込まれてしまいます。春日さんは「夢で終わらすなよ!300もすごいけどさ」と苦笑いです。

    『オドぜひフェス』最初に登場したのは、「歌う歯医者さん」こと原田聡さんと助手の筧敬子さんです。
    今回は筧さんもギターを持っており、オードリーのお二人も興味津々です。
    原田さんが「本格的に音楽活動をしようと思いまして!」と語ると、間髪をいれずに春日さんから「やめてもらいたい」と突っ込まれます。

    原田さんにお祝いソング『栄光のオドぜひ』を歌いますが、原田さんの歌や演奏よりも、少し音程が外れている筧さんの合いの手に苦笑いするオードリーのお二人。
    そして、筧さんは持参したギターを一度も弾かずに曲が終わります。

    演奏が終了すると、
    「そんなの子役しか許されないですよ」(若林さん)
    「あれ筧さんだったんだね、ずっと子どもの声がするなーと思いながら…」(春日さん)
    とツッコまれる筧さんでした。

    2組目に登場したのは、裸にふんどしがトレードマーク「たっくんとは名ばかりのLOVEの塊」こと青森県のt9n(たっくん)さんです。

    たっくんの登場に、オードリーのお二人はとても喜んでいます。なぜか話し方に違和感があるたっくん。
    「壊れてるのかな?」(若林さん)
    「もうちょっと絡み易かったけどね。青森の時は」(春日さん)
    と言われてしまいます。

    トレードマークのふんどしの名前に話が移り、若林さんが「ふんどしとは名ばかりの?」と綺麗な前振りをしたにも関わらず、「ふんどしとは名ばかりのLOVEの…なんでしたっけ?」と「塊」が言えずに聞き返してしまうたっくん。
    「なんで『塊』忘れたんですか?」と若林さんに追及されると「えっと、それは…あれですけど」と困ってしまいます。
    春日さんが「緊張の塊じゃないですか?」と言い、若林さんからは「たっくんとは名ばかりのLOVEの塊とは名ばかりの緊張の塊」と言われてしまうたっくん。

    そんなたっくんに、お祝いソング『今日でついに』を歌ってもらいます。

    渋めの曲調で始まる良い雰囲気の曲ですが、同じフレーズをずっと繰り返します。
    それを見ていた若林さん、演奏中にも関わらず「たっくんそれはだめだよ」「テレビだから!」「放送事故になっちゃってて」と演奏を早く終わらせようとしますが、気にせずに歌い続けるたっくん。

    2分以上の曲が終了すると、春日さんに「300回言ってくれてありがとう。今日帰れないんじゃないかなと思っちゃった!」とツッコまれていました。

    そして最後に登場したのは虹色侍です。
    虹色侍は番組に登場した人気ぜひらーを歌詞にした歌を作ってくれました。
    番組の名場面を編集したPVとともに『めんそ~れ オドぜひ』をリリースします。
    いつも通り完成度の高い楽曲で、思わず「ちょっと、最後感動しちゃった」と言う若林さんでした。

    オードリーさんにぜひ会って欲しい人がいるんです!という方、クチコミお待ちしています!

    『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』
    【MC】オードリー 若林正恭、春日俊彰
    【アシスタント(代理)】磯貝初奈(中京テレビアナウンサー)
    【出演者】原田聡さん 筧敬子さん t9n(たっくん)さん 虹色侍(ずまさん、 ロットさん)
    中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分放送
    【番組HP】https://www.ctv.co.jp/audrey/
    【クチコミ募集中】https://www.ctv.co.jp/audrey/toukou.html
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス