• 中京テレビNEWS
  • セミパニック 庭木1本に50匹が大集合 密集する謎

    この季節、力いっぱい鳴くセミ。愛知県豊川市のとある住宅ではセミを巡ってちょっとしたパニックになっていたんです。

    庭木1本にセミ50匹

    セミの鳴き声を聞くと、夏を感じます。しかし、あるお宅では、セミに関する、ある“異変”が。

    「豊川市にあるこちらのお宅にはセミが今、大量発生しているというんです。確かに鳴き声聞こえてくる。ちょっとお話聞いてきます」(佐藤和輝 アナ)

    この家に住む清水さん。早速、その状況を見せてもらうと。

    「この木ですね」(清水あや子さん)

    午前8時頃、そこには2匹のセミが。

    しかし、清水さんによると、セミは昼間に近づくにつれてどんどん増えていくというんです。ということで、我々はできるだけ離れてこの木を見守ることに。

    「午前9時過ぎ。画面の中に、セミは1匹。これから増えるのでしょうか」(佐藤和輝 アナ)

    そして、待つこと30分。

    「来た来た来た、来ましたね」(佐藤和輝 アナ)

    セミが飛んできました。そして。

    「昼前になり、この木にはセミが8匹います」(佐藤和輝 アナ)

    昼までに10匹ほどのセミが集まってきたのです。10匹でも充分だと思うのですが…。

    「(多い時に比べると)いないに等しい。バババババーッて飛び立つんです、鳥みたいに。気持ち悪いしかないです」(清水あや子さん)

    7月末に清水さんが目撃した大量のセミ。写真だとちょっと刺激が強かったので、忠実にイラストで再現してみましたが、その数はなんと…50匹以上。

    この場所に住み始めて今年で6年目。しかし、この木にセミが集中したのは今年が初めてだといいます。

    「(7月下旬に)熱中症のニュースが流れた時がまさに(ピーク)。なんで(この木だけに)集まってくるのかな?」(清水あや子さん)

    セミの大量発生と猛暑との関係は?

    今年初めてのセミの大量発生。はたして猛暑の影響なのか。セミに詳しい方を訪ねてみました。

    (Q.異常気象やこの猛暑の影響?)
    「集まって鳴くことには関係はないと思う」(なごや生物多様性センター 寺本匡寛さん)

    セミはこの夏に生まれたわけではなく、一般的に成虫になるまでに2年から5年ほどかかるそうで、今年の猛暑との関係はないといいます。

    セミが密集するワケ

    では一体なぜ大量発生したのか、そこにはセミのある習性が。

    「たくさんのオスで鳴くと声も大きくなりメスを呼びやすくなる」

    「(たくさんの個体数で集まれば)たくさんの目があるので、鳥などの天敵から身を守ることができる」(なごや生物多様性センター 寺本匡寛さん)

    他にも、水分などを摂取するため樹皮の薄い木を好むセミもいることなどからこの木に集まったとみられています。

    どうして今年この木に大量発生したのか、その理由は、結局わかりませんでした。

     

    6103:1
    セミパニック 庭木1本に50匹が大集合 密集する謎
    中京テレビNEWS
    4分の動画・2018/8/1に公開

    中京テレビNEWS
    https://www2.ctv.co.jp/news/
    愛知・岐阜・三重の最新ニュースをいち早くお届けします。

    ナゴヤ発!TV配信サービス