• 太田上田
  • 『太田上田』ニクバルダカラ編③ 真剣に恋を語る太田上田!

    爆笑問題・太田光とくりぃむしちゅー・上田晋也が、自由奔放にトークを繰り広げるトークバラエティ番組『太田上田』(中京テレビ、毎週火曜深夜24:59~)今回、2016年6月1日(水)放送分は、名古屋を拠点に全国17店舗を展開する、赤ワインと肉料理のお店「ニクバルダカラ」から3回目です。

    女性を口説く時のテクニックを教えて下さい、というお便りの続きです。

    テクニックとかではなく、情熱をぶつけるしかないと語るお二人。

    「駆け引きって何だよ!?」と言う太田さんに、「あれ、モテるからできるんだと思うよ、駆け引きとか」と答える上田さん。
    押したり引いたりの恋愛の駆け引きに対して

    「引くことなんかできないよな?」(太田さん)
    「引いたら向こうも引きっぱなし」(上田さん)

    「こっちはずっとこう行く(押していく)しかない」(上田さん)
    「そうだよ」(太田さん)

    と駆け引きではなく、情熱を好きな人にぶつけることが大切と考えるお二人。

    自分に自信が無くてアタックできない人に対して、「お前、バカじゃないの?」とお二人は思うようです。
    「魅力が無いからこそ、『僕には何にもない。ただ、あなたのことを好きだという気持ちは誰にも負けません』という情熱だけで行かないと」と語る上田さん。
    ドラマ『101回目のプロポーズ』を例に挙げ、何度もアタックすることが大切というお二人ですが、「ドラマと同じように何度もアタックして失敗する人もいっぱいいる」と太田さん。
    すると「102回目で成功すればいいわけじゃん。101回ダメでも」と上田さん。

    「前アントニオ猪木が言ってたよ。『99回負けても100回目に勝てばそれがアントニオ猪木だ』…俺、意味がよく分かんないけど」(上田さん)

    アントニオ猪木さんの名言に爆笑する収録現場。
    「『それ、単なる弱い奴じゃねえの!?』ってちょっと思ったけども」と上田さん。

    そのまま真剣な恋愛話に発展しました。
    恋は自分を見失うものだから、不倫のような間違いとわかっていることでも行っちゃう、と語る太田さん。
    「恋って本能でやるところだから、倫理で語ること自体がおかしいのよ」と上田さん。
    さらに太田さんも「恋自体が『罪』だから。恋ってのは自分を見失うことだから。恋っていうのは子どもに戻ることだから」と語ります。

    恋愛トークは次回に続きます!

    『太田上田』
    中京テレビ 毎週火曜深夜24:59~放送
    『太田上田』はナゴヤ発TV配信サービス「Locipo(ロキポ)」で見逃し配信中!
    https://locipo.jp/

    【番組HP】http://www.ctv.co.jp/otaueda/
    2人に話してほしいテーマやトピックを募集中!
    【出演者】太田光(爆笑問題) 上田晋也(くりぃむしちゅー)
    ※記事の内容は放送当時のものです。

    ナゴヤ発!TV配信サービス