• ササシマBASE Lab.
  • 『ボイジャ・メンジャ』後半戦!ボイメンメンバーのカードをたくさん集めたのは誰?

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』の水野勝くんが考案した『ボイジャ・メンジャ』後編が、2018年9月21日に中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』で配信された「ササシマBASE Lab.」の’ボイメン考案オリジナルゲーム!’にて公開されています。

    8122:1
    「ボイジャ・メンジャ後編」
    ササシマBASE Lab.
    4分の動画・2018/9/21に公開

    先週から小林豊くん、水野勝くん、辻本達規くん、田村侑久くんの4人が挑戦している、水野くん考案の「ボイジャ・メンジャ」。

    ルールは、
    ・ナンジャモンジャのボイメンバージョン
    ・引いたカードに名前をつけていく
    ・再びそのカードが出たときに一番早く名前を言う

    正解すると山にあるカードが自分のものになり、最終的に枚数の多かった人の勝ちとなります。

    現在のカードの持ち数は、
    辻本くん6枚
    水野くん6枚
    田村くん2枚
    小林くん0枚
    です。

    後半戦スタート!
    引いたのは土田くんのカード。まだあだ名はついていません。
    「チャンタラピーノスイカンバー」になり、これで全員にあだ名がつきました。

    続いて出てきたのは、辻本くんのカードです。

    水野くんが一番早く「ニホンの4番松井!」と答えたので獲得かと思いきや、正しいあだ名「ニッポンの4番松井」と答えた小林くんがカード獲得です。
    続いて、水野くんが2枚連続でカードを獲得します。

    その後、吉原くんのカードが出ると3人が「韓国風カルビ!」と叫びますが、一瞬の差で田村くんがカード獲得。

    ゲームは進んでいき、最後の一枚は土田くんのカード。
    自分であだ名をつけた小林くんが「チャンタラピーノスイカンバー」と答えてゲーム終了です。

    一体誰が勝ったのでしょうか?持ちカードを一枚ずつ机の上に置いて確認します。
    小林くんと田村くんは、どちらも3枚でした。

    あだ名を言いながらカードを出していく水野くんと辻本くん、共に9枚獲得で仲良く優勝です。
    水野くん、辻本くん、おめでとう!

    中京テレビの無料動画Chuun
    アプリをダウンロード
    (iOS8.1以降、Android4.4以降)