• ササシマBASE Lab.
  • 「リアルガチマジ卍ゲーム」SEASON2初戦!ルール変更で波乱の展開に?!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』が、2018年10月1日に中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』で配信された「ササシマBASE Lab.」の’リアルガチマジ卍ゲーム’にて、ゲームに挑戦しています。

    リアルガチマジ卍ゲーム SEASON2-1
    ササシマBASE Lab.

    今回から『リアルガチマジ卍ゲーム』はSEASON2となり、ルールが少しリニューアル。若者言葉とそれに対するリアクションが変わりました。

    ・マンジ→若者言葉を言って次の人をさすだけ
    ・ワクテカ→「ワクワク」と言いながら立つ
    ・ブタ切り→「ブタ切り」と言いながら全員で立つ
    ・あざまる→さされた人と両隣が「ありがとうございます」と言いながら立つ
    です。

    SEASON2の第1戦は土田拓海くん、水野勝くん、辻本達規くん、田村侑久くんのボイメンメンバー4人と、中京テレビの上山元気アナ、磯貝初奈アナ、望月杏夏アナ、計7人で行います。

    早速ゲームスタート!
    まず「マンジ」で様子を見るメンバーですが、上山アナが「ワクテカ」と辻本くんを指差します。
    その際、隣の水野くんも一緒に立ってしまい脱落です。

    続いて脱落したのは望月アナ。
    磯貝アナから「あざまる」と指を差され、お辞儀ではなく「ブタ切り」をしました。

    ここでスタッフから指摘が入ります。
    望月アナが脱落する前、辻本くんが「ブタ切り」のリアクションを間違えていたのです。

    望月アナ、辻本くんの2人が脱落。残り4人でゲーム再開です。

    今度は磯貝アナが「あざまる」のリアクションを間違えてしまい脱落です。
    土田くんもリアクションを間違えかけていたので、必死に言い訳をしますがセーフと判定されます。

    続いて、「あざまる」への反応が遅れた田村くんが脱落です。

    いよいよ決勝戦!残ったのは土田くんと上山アナです。
    SEASON2のルールに慣れてきた2人は、順調にゲームを進めます。
    しかし、土田くんが「マンジ」を「ワンジ」と言ってしまいアウトです。

    SEASON1ではあまり活躍できなかった上山アナが見事初勝利を飾りました。

    ナゴヤ発!TV配信サービス