• ササシマBASE Lab.
  • 「ボイジャ・メンジャ」第3戦!自分のカードに付けたあだ名を水野に答えられるボイメン吉原!

    名古屋を中心に活躍するエンターテインメント集団『BOYS AND MEN』による『ボイジャ・メンジャ』が、2018年10月19日に中京テレビの無料動画『Chuun(チューン)』で配信された「ササシマBASE Lab.」にて公開されています。

    ボイジャ・メンジャ3
    ササシマBASE Lab.

    土田拓海くん、吉原雅斗くん、水野勝くん、辻本達規くん、平松賢人くんの5人で「ボイジャ・メンジャ」に挑戦中です。

    仕切り直して、新しいゲームのスタート。
    土田くんは水野くんのカードを「カンツォーネきたざわすぐる」と命名。
    吉原くんは「これヤだな」と言いつつ、自分のカードに「先天性シンパシー」と名付けます。

    その後、辻本くんには「スリジャワワルダノプラコッテ」、平松くんには「マルティンピラピノセイボーイ」と、ややこしいあだ名が次々と付けられていきます。

    次に出てきたカードにみんなビックリ!番組構成作家のトミタ氏が混ざっていました。土田くんが「エドモンドきたみざわ東」と命名します。

    そして、次に出たのはトミタ氏のカード。
    辻本くんが一番に答え、場のカード全てを一度にゲット!

    今回はややこしいあだ名が多く、いつもより難易度が高めです。

    土田くんのカードには「マカモンドカウボーイ」と名付けられ、直後に土田くんが答えて自分のカードをゲットします。

    命名した人がそのままカードをゲットすることが多い中、吉原くんのカードは2枚とも水野くんがゲットしました。
    「俺、先天性シンパシー(吉原くんのカード)いっぱいあるよ!」という水野くんに、吉原くんは「なんか嬉し♥」と答えます。

    ラストはトミタ氏のカードを当てた平松くんがカードをゲットして終了。
    トミタ氏のカードだけ持っている平松くん、水野くんに「お前エドモンドデッキや」と突っ込まれます。

    一番多くカードをゲットしたのは辻本くん。なんと9枚で圧勝でした!

    ナゴヤ発!TV配信サービス